信長の親衛隊―戦国覇者の多彩な人材 (中公新書)

著者 :
  • 中央公論社
3.41
  • (3)
  • (12)
  • (29)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 137
レビュー : 14
  • Amazon.co.jp ・本 (250ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121014535

作品紹介・あらすじ

強烈な個性で迅速果敢に中世的権威を否定し戦国乱世を勝ち抜いた信長には、戦場で本陣を固める馬廻や小姓といった強者たちのほかに、秘書や吏僚として治世や文化などの面で活躍する近臣・近従がいたことを忘れてはならない。彼らは職業や出自を問わぬ信長に見出だされ、その才能を惜しみなく発揮し、信長の手足となって献身的におのおのの本分を尽くした。本書は、これら無名に近い近従たちに光を当てながら新たな信長像に迫る。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 新書文庫

  • まにあっくすぎてよくわからなかった。

  • 2016/3/29

  • 馬廻りや小姓や吏僚といった立場に分類されうる信長家臣団について。こういった人たちはあまりマンガやゲームでも大きく取り上げられることがないので勉強になった。美濃や近江と本拠地を変える過程についても知れてよかった。

  • 堀秀政について若干記載。近習として、監察などもしていたが、実戦少ないながらも将としても信長に評価されていた、と。本能寺の変後は秀吉に才を買われたが若くして小田原の陣で病死。

  • 赤母衣、黒母衣といった信長の親衛隊、どういった人材、組織だったのか。小姓・馬廻など、信長の近習を務めた年齢・性格・経歴など様々な人物にスポットを当てて考察している。
    こうした政治外交の実務を担う吏僚タイプの人物を扱うものはあまり無く、違った角度から信長の時代を見ることができるのは新鮮。

    鋭敏で美男子、信長の無二の寵臣、森蘭丸はやはりだいぶイメージ先行、、
    というか蘭丸に限らず有能な小姓たちが他にも多くいたんだね。。
    そもそも“乱”であって、“蘭”という漢字を使った史料はひとつもないとは・・・。

  • 内容は相変わらず濃かったが、巻末の人名事典も濃かったwむしろ巻末だけでも満足。万見万千代と森乱丸と堀秀政のせいで、信長の近習たちは皆イケメンなイメージとなった。

  • [ 内容 ]
    強烈な個性で迅速果敢に中世的権威を否定し戦国乱世を勝ち抜いた信長には、戦場で本陣を固める馬廻や小姓といった強者たちのほかに、秘書や吏僚として治世や文化などの面で活躍する近臣・近従がいたことを忘れてはならない。
    彼らは職業や出自を問わぬ信長に見出だされ、その才能を惜しみなく発揮し、信長の手足となって献身的におのおのの本分を尽くした。
    本書は、これら無名に近い近従たちに光を当てながら新たな信長像に迫る。

    [ 目次 ]
    第1部 家臣団の中の近臣たち(信長の近臣;信長の家臣団;立身出世の道;馬廻の活躍;異色の馬廻たち)
    第2部 近習活躍の軌跡(初期の近習たち;第三世代の近習たち;万見仙千代と森蘭丸;老近習、健在なり;エリート近習の出世街道;本能寺の変以後の信長近習)

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 455夜

  • 信長の小姓・馬廻にスポットをあてた作品。

全14件中 1 - 10件を表示

信長の親衛隊―戦国覇者の多彩な人材 (中公新書)のその他の作品

谷口克広の作品

信長の親衛隊―戦国覇者の多彩な人材 (中公新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする