大学生の就職活動―学生と企業の出会い (中公新書)

著者 :
  • 中央公論新社
3.13
  • (2)
  • (2)
  • (16)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 68
感想 : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (173ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121014627

作品紹介・あらすじ

大学で一生懸命勉強しても就職には関係ないのか?就職活動でこれほど苦労しているのは自分だけ?本書は、このような就職活動にかかわる疑問とその背後にある社会的要因を解き明かそうとするものである。満足できる就職を望む学生、優秀な人材を確保したい企業、そして実績をあげていきたい大学。三者の立場を綿密なアンケート調査を通して分析し、実際の現場で繰り広げられる就職・採用行動の期待と困惑をリポートする。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • (~2004大学時代の本@202012棚卸)

  • 90円購入2012-01-09

  • 【所在】3F文庫・新書 中公新書 1462
    【OPACへのリンク】
     https://opac.lib.tut.ac.jp/opac/book/77932

  • 10年以上も前の図書のため、時代にそぐわないような内容も散見される一方で、「就職活動」に関する情報が様々な視点からバランスよくまとめられている。文庫サイズなため内容は非常に浅いものだが、その分就活についての入門書として適しているのではないだろうか。
    (経営工学専攻 M2)

  • 私自身、永年採用活動に携わってきた者として、社会学者による就職・採用活動の客観的研究は大変興味深いものがありました。単なるノウハウ本ではなく、就職活動が持っている社会的な意味、その具体的な形態の分析など、ユニークな研究です。縁故で就職活動をする学生の光と影の気持ちは鋭い分析です。学生への生々しいヒアリングの成果でしょう。

  • [ 内容 ]
    大学で一生懸命勉強しても就職には関係ないのか?
    就職活動でこれほど苦労しているのは自分だけ?
    本書は、このような就職活動にかかわる疑問とその背後にある社会的要因を解き明かそうとするものである。
    満足できる就職を望む学生、優秀な人材を確保したい企業、そして実績をあげていきたい大学。
    三者の立場を綿密なアンケート調査を通して分析し、実際の現場で繰り広げられる就職・採用行動の期待と困惑をリポートする。

    [ 目次 ]
    序章 大学生の就職をめぐる疑問
    第1章 大学生の就職活動の実際
    第2章 就職・採用をめぐる混乱
    第3章 就職・採用の決定要因
    第4章 就職の結果とその後
    第5章 学生・企業・大学-それぞれの立場と主張
    第6章 就職活動にみられる三つのミスマッチ
    第7章 公平と平等-機会か結果か

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 10年近く前の本だから多少現状と食い違うところはあるものの、就活の現実についてデータを交えた解説をしてくれる。これからの就活と自分の人生設計について思いっきり考えてしまった。そして空っぽな自分に愕然とした。

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

関西大学社会学部教授

「2018年 『社会ネットワークと健康』 で使われていた紹介文から引用しています。」

安田雪の作品

ツイートする
×