海を渡った幕末の曲芸団―高野広八の米欧漫遊記 (中公新書)

著者 : 宮永孝
  • 中央公論新社 (1999年2月発売)
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • 11人登録
  • 1レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121014634

作品紹介

慶応二年(1866)秋、曲芸師一行が横浜を旅立った。目的地はアメリカ、高野広八を後見役とする一行の名は帝国日本芸人一座。その妙技は各地の観客を魅了し、好評の中、巡業地をヨーロッパまで広げる。この間、一行はアメリカ大統領をはじめ各国の貴人・有力者との交流を行なう一方で、好奇心旺盛に巡業地の町を散策したり、取り囲んだ野次馬と乱闘したり、夜は娼婦を求めて出歩くなど、市井人ならではの約三年に及ぶ異文化を体験する。

海を渡った幕末の曲芸団―高野広八の米欧漫遊記 (中公新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 海を渡った幕末市井の姿と海外事情。

全1件中 1 - 1件を表示

宮永孝の作品

海を渡った幕末の曲芸団―高野広八の米欧漫遊記 (中公新書)はこんな本です

海を渡った幕末の曲芸団―高野広八の米欧漫遊記 (中公新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする