カラー版 近代化遺産を歩く (中公新書)

著者 :
  • 中央公論新社
3.57
  • (3)
  • (4)
  • (6)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 53
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121016041

作品紹介・あらすじ

幕末以降150年間に、日本は驚くべきスピードで近代化を進めた。鉄鋼、石炭、造船などの基幹産業を立ち上げ、ダムや鉄道をつくり、ホテルや刑務所を建設した。いまでも現役のものもあれば、すでに取り壊されたものや廃墟と化したものもあるが、そのどれもが力強く、美しい。著者は北海道から九州まで、各地に残された歴史的価値の高い近代化遺産を写真と文で訪ねた。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 請求記号:C-1604 図書ID: B0008496

  • 配置場所:摂枚新書
    請求記号:523.1||M
    資料ID:95010251

  • カラー版で実物の様子が分かるので非常に興味が沸いた。

  • [ 内容 ]
    幕末以降150年間に、日本は驚くべきスピードで近代化を進めた。
    鉄鋼、石炭、造船などの基幹産業を立ち上げ、ダムや鉄道をつくり、ホテルや刑務所を建設した。
    いまでも現役のものもあれば、すでに取り壊されたものや廃墟と化したものもあるが、そのどれもが力強く、美しい。
    著者は北海道から九州まで、各地に残された歴史的価値の高い近代化遺産を写真と文で訪ねた。

    [ 目次 ]
    時計塔
    駅舎
    機関庫
    橋梁
    トンネル
    ダム
    水力発電所
    浄水場
    配水塔
    火の見櫓〔ほか〕

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

全4件中 1 - 4件を表示

増田彰久の作品

ツイートする