幕末の会津藩―運命を決めた上洛 (中公新書)

著者 :
  • 中央公論新社
3.53
  • (2)
  • (6)
  • (11)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 61
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (237ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121016195

作品紹介・あらすじ

文久二年十二月、会津藩主松平容保は京都守護職として、風雲急を告げる京に入った。"薪を背負って火に飛び込むような"悲壮な決意のもと、容保と藩士は孝明天皇と都の警護に専心する。だが一橋慶喜らによる改革は実を結ばず、大政奉還、鳥羽伏見の戦いへと転落の道を辿る。幕府と運命を共にせざるを得なかった会津藩の悲劇はここにはじまった。新発見の『幕末会津藩往復文書』が明かす会津藩士の苦渋の日々とは。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 幕末の京都における会津藩の、京都守護職拝命から鳥羽伏見の戦までの通史的著書。たまに、筆者の思い入れが強く出る箇所があります(笑)

  • [2012.07.27]

  • 久々に星氏の本を読んだ。
    会津藩に関する史料に丁寧に触れられていて、わかりやすかった。
    ただ、自身の研究に際しては、どうしても星氏の考えに同調してしまうため、自分なりの考えがわからなくなってしまうのも事実。

  • タイトル通り、幕末の会津藩について書かれた本。松平容保の上洛から、大坂まで。読んでいるともどかしくなったり悲しくなったりする。
    2010/11/30

全4件中 1 - 4件を表示

プロフィール

1935年、仙台市生まれ。1959年、東北大学文学部国史学科卒業。福島民放記者、福島中央テレビ報道制作局長を経て現在に至る。東北史学会会員。著書 『奥羽越列藩同盟』(中公新書)、『敗者の維新史』(中公新書)、『幕末の会津藩』(中公新書)、『会津落城』(中公新書)、『大鳥圭介』(中公新書)、『最後の幕臣小栗上野介』(中公文庫)、『平太の戊辰戦争』(角川書店)など多数

星亮一の作品

幕末の会津藩―運命を決めた上洛 (中公新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする