痛みの治療―頭痛、腰痛からがんの痛みまで (中公新書)

著者 :
  • 中央公論新社
3.20
  • (0)
  • (1)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :15
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121016324

作品紹介・あらすじ

痛みはからだの異常を知らせる大事なシグナルである。だが、これまでは「少しぐらい痛くても治療のためには我慢が当然」「痛いと訴えるのは大人げない」とされ、痛みを和らげるための治療は軽視されてきた。しかし、痛みの治療は、苦痛を癒すだけでなく、病気の治癒を早めることも証明されている。ペインクリニックの第一人者が、頭痛・腰痛などからだの各部の痛みから、帯状疱疹やがんの痛みまで、治療法をやさしく解説する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 4121016327 216p 2002・3・25 ?

  • 昨日人間ドックの結果が帰ってきた。問診時は大丈夫だったが、一部経過観察があった。体に痛みはどこもない。今日は少しおなかが痛いが。。痛みの解説はあったが、痛くならないためにはどうしたらいいのかをもっと知りたい。

全2件中 1 - 2件を表示

痛みの治療―頭痛、腰痛からがんの痛みまで (中公新書)のその他の作品

後藤文夫の作品

痛みの治療―頭痛、腰痛からがんの痛みまで (中公新書)はこんな本です

ツイートする