中国 第三の革命―ポスト江沢民時代の読み方 (中公新書)

著者 :
  • 中央公論新社
3.17
  • (1)
  • (0)
  • (11)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 26
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121016522

作品紹介・あらすじ

驚異の経済成長を遂げ、超大国へと駆け上がる中国。その趨勢を見極めるには、華々しい現象だけでなく、社会の深層のダイナミズムに注目する必要がある。中流階層の急増や国際交流の活発化を背景に、いわば市民革命が起こりつつあるのだ。中華人民共和国の樹立、改革・開放政策の断行を引き継ぐこの「第三の革命」は、はたして本物か。中国出身の政治学者がポスト江沢民時代を大胆に予測し、日中関係のあり方を提言する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • [ 内容 ]
    驚異の経済成長を遂げ、超大国へと駆け上がる中国。
    その趨勢を見極めるには、華々しい現象だけでなく、社会の深層のダイナミズムに注目する必要がある。
    中流階層の急増や国際交流の活発化を背景に、いわば市民革命が起こりつつあるのだ。
    中華人民共和国の樹立、改革・開放政策の断行を引き継ぐこの「第三の革命」は、はたして本物か。
    中国出身の政治学者がポスト江沢民時代を大胆に予測し、日中関係のあり方を提言する。

    [ 目次 ]
    第1章 社会構造の巨大な変化
    第2章 国民意識の革命
    第3章 「ポスト江沢民」のニューリーダー
    第4章 政治改革と「中華連邦」の可能性
    第5章 経済大国への試練
    第6章 模索される世界との協調
    第7章 日中は共通の基盤を築けるか

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]


  • (T)

全2件中 1 - 2件を表示

朱建栄の作品

ツイートする