日本 川紀行―流域に生きる人と自然 (中公新書)

著者 :
  • 中央公論新社
4.00
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 9
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (277ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121016980

作品紹介・あらすじ

日本の川は多くの命を育んできた。しかし、いまでは過疎や開発で、人々の生活は川と切りはなされてしまった。もういちど、川の流域を歩き回ってみよう。歩けばいろいろ見えてくる。野生動物たちのこと、流域に暮らす人々の林業・農業・漁業や未来への思い…。石狩川、最上川、多摩川、太田川、筑後川を、山のてっぺんから海までたどり、川を通して人と自然の素顔を再発見する旅。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 山と川と海がつながっていることを実感。
    民俗学、歴史、現代社会など話題が幅広い。

  • 2019.8.6 読了

    277ページ

全2件中 1 - 2件を表示

向一陽の作品

日本 川紀行―流域に生きる人と自然 (中公新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×