ケータイを持ったサル―「人間らしさ」の崩壊 (中公新書)

著者 :
  • 中央公論新社
3.06
  • (21)
  • (46)
  • (169)
  • (34)
  • (18)
本棚登録 : 673
レビュー : 87
  • Amazon.co.jp ・本 (187ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121017123

作品紹介・あらすじ

「ひきこもり」など周囲とのコミュニケーションがうまくとれない若者と、「ケータイ」でいつも他人とつながりたがる若者。両者は正反対に見えるが、じつは成熟した大人になることを拒否する点で共通している。これは「子ども中心主義」の家庭で育った結果といえる。現代日本人は「人間らしさ」を捨て、サルに退化してしまったのか?気鋭のサル学者による、目からウロコの家族論・コミュニケーション論。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • (「BOOK」データベースより)amazon
    「ひきこもり」など周囲とのコミュニケーションがうまくとれない若者と、「ケータイ」でいつも他人とつながりたがる若者。両者は正反対に見えるが、じつは成熟した大人になることを拒否する点で共通している。これは「子ども中心主義」の家庭で育った結果といえる。現代日本人は「人間らしさ」を捨て、サルに退化してしまったのか?気鋭のサル学者による、目からウロコの家族論・コミュニケーション論。

  • 37916

  • 時代考証は必要だが人間行動を探る上でのヒントが満載。

  • サルの社会性を通して現代日本の社会を読み解いた本。

    第一章 マザコンの進化史
     サルについての考察と、現在の子育てについての考察
    第二章 子離れしない妻と居場所のない夫
     現在の家庭内の状況。「家のなか主義」
    第三章 メル友を持ったニホンザル
     サルの会話と、メールのやりとり
    第四章 「関係できない症候群」の蔓延
     関係性の脆弱化
    第五章 社会的かしこさは四十歳で衰える
     子育てと生活スタイル。本当は子育てしていたのは母親じゃなく、爺婆。
    第六章 そして子どもをつくらなくなった!
     家族像の激変と、「性差」の発現。現代社会のしくみは、近年つくられたもので、「母親とはかくあるべき」論を信じるのは思考停止。


    学校の図書館に置いてあった本。手に取ってみたら、意外におもしろかった。

  • 「ケータイ」は残ると踏んで題に持ってきたぜ!
    残念!それは「スマホ」だ。もちっと長生きしそうだぜ

    『スマホとにらめっこする猿』そんな感じだぜ!

  • 著者は比較行動学が専門。
    霊長類の観察から人類の文化的進化を解き明かそうとする。現代人に顕著な行動の深層を追及している。
    タイトルに反して?かなり専門的な方法論で現代人の行動を解明している。単なる観察分析だけでなく、たくさんの実験結果を踏まえた分析もユニークで面白い。

  • メル友からの意味のないメッセージに、意味のない返事をするヒトの行為は、存在を知らせるためのサルの鳴き声と何ら変わらない。

    いやまさにその通り。

    だが時代は変わった。
    スマートになったのだ。ヒトではなくケータイが、である。
    ついにヒトはケータイにライフスタイルを支配されるようになった。

  • ≪読書会紹介図書 2016.3.1≫
    テーマ:いちばん衝撃を受けた本

    【所在・貸出状況を見る】
    http://sistlb.sist.ac.jp/mylimedio/search/search.do?target=local&mode=comp&materialid=10301164

  • 自分の家庭や職場に照らして考えると、なるほどと思えてくる。サルの生態から現代の社会の問題を論じるのは大変面白く、妙な説得力がある。

  • 最初はキャッチーで、題名から携帯批判かと思っていましたが、人類学的に現代の日本人の生活習慣を批判しているに留まっています。

全87件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

大阪生まれ。大阪大学大学院人間科学研究科博士課程修了。米国立衛生研究所、独マックス・プランク精神医学研究所などを経て、現在は京都大学霊長類研究所教授。著書に『コミュ障 動物性を失った人類』(ブルーバックス)『音楽を愛でるサル』(中公新書)など多数。

「2017年 『自閉症の世界 多様性に満ちた内面の真実』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ケータイを持ったサル―「人間らしさ」の崩壊 (中公新書)のその他の作品

正高信男の作品

ケータイを持ったサル―「人間らしさ」の崩壊 (中公新書)に関連する談話室の質問

ケータイを持ったサル―「人間らしさ」の崩壊 (中公新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする