男うた女うた―男性歌人篇 (中公新書)

著者 :
  • 中央公論新社
3.29
  • (0)
  • (3)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :12
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (188ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121017154

作品紹介・あらすじ

千年を超える短歌の歴史のなかで、男たちはさまざまな主題を歌い続けてきた。憧れの女性を射止めた喜び、わが子誕生の感慨、戦場における極限体験、不遇のうちに世を去る無念。さらには、美酒に酔いしれる至福や、スポーツ観戦の興奮までも歌い上げている。本書では『万葉集』から現代短歌までを見渡し、バラエティに富んだ六十首を選りすぐって鑑賞。三十一文字に込められた男たちの思いを鮮やかに蘇らせる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • <閲覧スタッフより>
    賀茂真淵が「万葉集」を評価して“ますらをぶり”と表現した男性的なうた。万葉集から現代詩歌まで、古今の人びとがうたった詩歌を歌人・佐佐木幸綱が“男性”というキーワードで選り抜いた一冊です。
    -------------------------------------
    所在番号:新書||911.1||オト
    資料番号:10155376
    -------------------------------------

  • 我はもや安見児得たり皆人の得かてにすとふ安見児得たり
    -藤原鎌足「万葉集」-

    人丸の後の歌よみ誰かあらん征夷大将軍みなもとの実朝
    -正岡子規「竹の里歌」-

    ぐいぐい迫ってすばやい短直突(ショート)だ。ボビイの顔がじぐざぐになる
    -前田夕暮「青樫は歌ふ」-

  • 最初に紹介されてるのが、藤原鎌足の「安見児得たり〜」っていう、無邪気なエロオヤジパワー炸裂した歌っていうのが、なんというか……なんでこれが冒頭なのか、作者にうかがってみたい気がする。

全3件中 1 - 3件を表示

佐佐木幸綱の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

男うた女うた―男性歌人篇 (中公新書)はこんな本です

ツイートする