アメリカ大統領の権力―変質するリーダーシップ (中公新書 (1767))

著者 :
  • 中央公論新社
3.47
  • (2)
  • (4)
  • (11)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 51
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (246ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121017673

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 『ぼくらの頭脳の鍛え方』
    文庫&新書百冊(立花隆選)130
    アメリカ

  • 歴代の大統領の権力の変遷と個人的資質との関係。
    それらを踏まえてクリントンとブッシュ、同年代の相反する思想、権力の保持、、行使の対比が面白い。
    多民族国家のアメリカで採用される多数決絶対のシステムが現実には少数派が権力を確立し、その少数派の希望に沿う政策が実行されてしまう矛盾と
    その象徴たるブッシュJr。
    選出のドタバタがすでに矛盾を露呈していたが。

  • [ 内容 ]


    [ 目次 ]


    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • よくまとまっていると思う。特に19世紀の大統領制や、大統領傘下の行政組織についてある程度記述している点は評価できる。

    概要を網羅するのには良い一冊。

  • 今年は、アメリカ大統領選。民主党ばっかり報道されている。この本は、アメリカ大統領の権力に焦点を当てたもの。
    もうすこし、関連本を読んでみよう。。。
    ト、2008.2.27

全6件中 1 - 6件を表示

砂田一郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
マックス ヴェー...
サミュエル・P....
マックス ウェー...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする