ぼくの翻訳人生 (中公新書)

著者 :
  • 中央公論新社
3.00
  • (0)
  • (3)
  • (15)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 47
感想 : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (267ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121017789

作品紹介・あらすじ

翻訳を手がけて半世紀。著者はポーランド語翻訳の第一人者であり、ロシア語、英語、仏語からも名訳を世に送り出してきた。満洲での外国語との出会い、占領下の民間検閲局やA級戦犯裁判での仕事、外信部記者時代の思い出。翻訳とは、落とし穴だらけの厄介な作業だという。本書は、言葉を偏愛する翻訳者の自分史であると同時に、ひとりの日本人の外国語体験の記録でもある。トリビア横溢の「うるさすぎる言葉談義」を付した。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ↓貸出状況確認はこちら↓
    https://opac2.lib.nara-wu.ac.jp/webopac/BB00122619

  • 「言葉に精通するためには人生はあまりにも短すぎる」
    帯のこの言葉に引かれ、翻訳歴50年という著者からどれほどの話が聞けるのかと期待して読みましたが、外れましたね。
    とにかく悪文の一言に尽きます。
    言葉一つにとことんこだわり抜くのに、どうしてこんな文章になるのか不思議なぐらい。
    翻訳話というより翻訳家の自伝ですが、話があっちこっちに飛びまくって、分かりにくいことこの上ありません。ここでもそこでも繰り返される愚痴と他人のあげつらい。自伝というより年寄りの文句を延々聞かされたような気分です。その合間にいいことを言うから星二つなんですけど。
    翻訳の欠陥を指摘する本なら、別宮貞徳さんの本の方が分かりやすくて面白いです。

  • [ 内容 ]
    翻訳を手がけて半世紀。
    著者はポーランド語翻訳の第一人者であり、ロシア語、英語、仏語からも名訳を世に送り出してきた。
    満洲での外国語との出会い、占領下の民間検閲局やA級戦犯裁判での仕事、外信部記者時代の思い出。
    翻訳とは、落とし穴だらけの厄介な作業だという。
    本書は、言葉を偏愛する翻訳者の自分史であると同時に、ひとりの日本人の外国語体験の記録でもある。
    トリビア横溢の「うるさすぎる言葉談義」を付した。

    [ 目次 ]
    第1章 言葉の自分史(言葉好き;ロシア語との出遇い;引き揚げ、焼き出され、そして終戦)
    第2章 翻訳に迷い込むまで(就職前後;筆慣らし;外国語習得)
    第3章 ぼくの翻訳書(最初の三冊;翻訳読本 ほか)
    うるさすぎる言葉談義―あるいは、人生とは日本語のすべてに通ずるためには、あまりにも短すぎる(翻訳に携わる者の必須条件;『検察官』ばかりが誤訳ではない;勝負は日本語だ;冒険と反逆)

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 語学を習得するのは大変で、中途半端にやるならやめた方がいい、とか、日本語ができない人間に外国語ができるわけがない、とか暴論のようで説得力あり。
    さまざまな翻訳家の人となりや、多摩美に就職できたのが奥野健夫と島尾敏雄の推薦によるものだったり、匿名でポルノを訳したり(それも相当創作して)といった、生計を立てる苦労話なども、著者でなければ書けないもの。

  • 水をかけたり、怒鳴りつけたり、業界の武勇伝が凄い。一貫して著者の異様なコンプレックスが見え隠れして、訳書でしか知らない著者が、こんな人だったのか、と驚かされる。

  • 翻訳ジジイが語る。
    ちなみにジジイは面白く語る。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

1925年大連生まれ。詩人・ロシア東欧文学者。著書に『ぼくのポーランド人生』など、訳書に『ブルーノ・シュルツ全集』、W・ゴンブロヴィッチ『ポルノグラフィア』、I・シンガー『やぎと少年』など。

「2019年 『完全な真空』 で使われていた紹介文から引用しています。」

工藤幸雄の作品

ツイートする
×