古代出雲への旅―幕末の旅日記から原風景を読む (中公新書)

著者 :
  • 中央公論新社
3.33
  • (1)
  • (1)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 30
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121018021

作品紹介・あらすじ

神々の集う国・出雲には、いまでもそこかしこに神社が見られる。これらのなかには『出雲国風土記』の時代に起源を求められるものも多く、古代史を封じ込めたタイムカプセルとも言える。幕末期、『風土記』を手に出雲国内を丹念に巡り、旅日記を残した男がいた。その男・和四郎は時に酔い伏し、時に神の娘と出会いながら、美保関から出雲大社まで足を伸ばす。新発見の日記を手に、私たちも古代史への旅に出よう。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 通常の配架場所: 1階文庫本コーナー
    請求記号: 291.73//Se24

  • 風土記の時代、江戸末期、現代の3つの時代を旅することができて、面白く読んだ

全2件中 1 - 2件を表示

古代出雲への旅―幕末の旅日記から原風景を読む (中公新書)のその他の作品

関和彦の作品

ツイートする