健康・老化・寿命―人といのちの文化誌 (中公新書)

著者 :
  • 中央公論新社
4.00
  • (3)
  • (2)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 22
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (311ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121018984

作品紹介・あらすじ

糖尿病、心臓病、がん、感染症-生命を脅かす疾患の解明は進み、治療法も進歩した。しかし寿命には限界がある。いったい何が寿命を決めるのか。人はなぜ太り、歳をとり、病気になるのか。本書は、がんと狭心症を体験した著者が、歴史と生物進化の視点から、遺伝子と病原微生物の狩人たちの人間ドラマを背景に描く、臨場感あふれる医学物語である。生と死をめぐる文学作品や映画の名場面が知的好奇心に彩りを添える。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • S490.4-チユ-1898 000497743

  • 碩学の書というにふさわしい。たばこをやめる、野菜を食べ塩分を控え、カロリーをとりすぎない、運動する、毎年健康診断を受けるという至ってまっとうな話だが参考文献と書きぶりが素晴らしい。

  • 寿命、老化、肥満、糖尿病、循環器疾患、がん、感染症、生活習慣(病)、別れ(死別)について書かれた本。
    著者ががん研究の専門医ということもあり、専門家が書いた本のいわゆる難しさをそこまで感じずすらすら読める。
    面白いからいずれ再読したい。どの章だけ拾い読みしても楽しめそうな感じ。

全4件中 1 - 4件を表示

健康・老化・寿命―人といのちの文化誌 (中公新書)のその他の作品

黒木登志夫の作品

ツイートする