物語 京都の歴史―花の都の二千年 (中公新書)

  • 中央公論新社
3.16
  • (3)
  • (1)
  • (18)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 128
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (317ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121019288

作品紹介・あらすじ

桓武天皇により平安京遷都が行われて以来、京の都は千年もの長きにわたり日本の中心だった。貴族の邸宅や寺社が立ち並び、都市の基礎が作られた王朝時代。武家政権が興り戦乱の舞台となるとともに、商工業が発展した中世。豪商が生まれ、学問・文化の興隆著しかった近世。今も多くの人が訪れる寺社・名社の縁起をひもときつつ、花の都と詠われた京の歴史を一望する。カラーの歴史地図を付した。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 新 書 S||216.2||Wak

  • 読了。

  • 都市としての京都の持つ歴史を古代から現代にかけて俯瞰する。文化に関しても記述が多く、興味深く読むことができた。時折関係性の薄い著者夫婦の自己紹介が挟まれる点が難。

  • 京都の原始〜現代までの歴史を一望する本。題に「物語」とあるが『源氏物語』や『平家物語』といった「物語」ではない。京都好きが高じて京都検定にチャレンジをしているが、公式テキストの副読本的な役割で使用している。この本を読んで京都に興味を持てるかといわれると難しいかもしれないが、京都の歴史参考書にはなると思う。

  • 母が買ったもの。物語っていうから、もちょっと楽しい感じを想像してたんですが、普通の新書本じゃないですか。というわけで、巻頭の地図と第一章だけ楽しみました。このシリーズのほかの本はどうなんだろう。

  • 脇田晴子さんの著書は、今まで何冊か読んできているんですが、旦那さんも研究者だったとは知りませんでした。
    夫婦での共著、ってことで、楽しみだったんですが、まあ、こんなもんですかね。
    可もなく不可もなく、って感じでした。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

1931年大阪市生まれ。京都大学大学院博士課程単位取得。京都大学文学博士(新制一号)。大阪大学文学部教授、大阪大学文学部長、大阪大学出版会初代会長、大阪歴史博物館館長、帝塚山学院学院長などを歴任。山口県史編纂委員長。大阪大学名誉教授。妻は、歴史学者の脇田晴子氏。主な著書に、『近世封建社会の経済構造』(御茶の水書房、1963)、『織田政権の基礎構造』(東京大学出版会、1975)、『元禄の社会』(塙書房、1980)、『日本近世都市史の研究』(京都大学出版会、1994)、『近世身分制と被差別部落』(部落問題研究所、2001)、『近世大坂の町と人』(吉川弘文館、2015)などがある。

「2015年 『近世刊行大坂図集成』 で使われていた紹介文から引用しています。」

脇田修の作品

物語 京都の歴史―花の都の二千年 (中公新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする