仏教、本当の教え - インド、中国、日本の理解と誤解 (中公新書)

著者 :
  • 中央公論新社
3.67
  • (12)
  • (25)
  • (15)
  • (7)
  • (1)
本棚登録 : 246
レビュー : 38
  • Amazon.co.jp ・本 (228ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121021359

作品紹介・あらすじ

紀元前五世紀のインドで生まれた仏教。中国では布教に漢訳の経典が用いられたのに対し、日本は漢文のまま経典を輸入した。両国においてサンスクリットの原典は、ほとんど顧みられていない。中国は漢訳ならではの解釈を生み出し、日本では特権的知識階級である僧が、意図的に読み替えた例もある。ブッダの本来の教えをサンスクリット原典から読み解き、日中両国における仏教受容の思惑・計算・誤解を明らかにする。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 仏教がインドから中国、日本へと東伝する過程でどのように変容したかを検証し、そこから三国の文化的異同を明らかにする「比較文化論」の書である。
    仏典受容の経緯を見ると、中国では先ずサンスクリット語から中国語への漢訳が行われ、一旦漢訳されるとサンスクリット語原典はほとんど顧みられなかった。その結果漢訳仏典が独り歩きし、単に音写しただけの漢字が有意なものとして解釈されたり、原意に遡ることなく漢字解釈に終始する不毛な論争が繰り返された。
    一方日本では、漢訳仏典をそのまま受容して音読し、これを和訳するという発想が希薄であった。そのため、仏典解釈において中国と同様の問題に直面するとともに、仏典が一部の特権的知識階級に独占される結果を招いた。こうして、日本では仏教が権威主義化し、ほとんどの日本人には仏教教義が理解されていないという。
    その裏返しだろうが、日本では仏教用語の茶化しが著しい。「お釈迦になる」「三遍回ってワン」などがそれだ。著者は「哲学的・思想的対決を真剣にやろうという姿勢が見られない」と嘆くが、むしろ問題解決の一手法として「茶化し」を積極的にとらえることも可能だろう。
    最近では尖閣諸島問題で日中関係がギクシャクしているが、ここでも日本人は「日本鬼子ネタ」や「実効支配ネタ」という茶化しに狂奔して、事態のクールダウンに貢献している…のかも知れない。

  • やっぱりそうなんだ、と思いました。
    お釈迦様の教えが、長い年月と、膨大な距離、多くの人々を経て、様々に変化して来たのが、今の仏教なんですね。イスラム教やキリスト教、荘子などの影響を受けた部分もある、ということで、一言仏教といってもいろいろなものになっていて、初期の教えから逸脱したり時には、真逆のものになってたりしてるのですね。
    それでも、仏教とひとくくりにできてしまうところが、すごいところかも。
    基本の教えとは何かが、はっきりし、
    原点を気づかせてくれます

  •  インドに生まれた仏教が、中国から日本へと伝わる過程でどう変容していったかを、さまざまな角度から概説した本。仏教受容をフィルターにした日・中・印三ヶ国の「比較文化論」としても、愉しく読める。目からウロコの知見も満載だ。

     私の目からウロコを落とした記述を、いくつか引用する。

    《中国には天命説があり、帝王は「天の子」として民間信仰の神々より上位と見なされ、天命を受けた帝王に民衆は服従すべきものとされた。それは、一切衆生の平等や慈悲を説く仏教とは相対立するもので、中国での仏教の展開は将来の矛盾・対立をはらんで始まった。》

    《インドには歴史書もなければ、地理書もなかった。釈尊のことも、歴史として記録されていなかったので、一九世紀末までヨーロッパ人たちは、架空の人物だと思っていた。ところが、一八九八年にピプラーワーというところで釈尊の骨壺が発掘され、歴史的人物だということが、やっと確認されたのである。》

    《タイやミャンマーの僧侶たちは、独身を貫いているし、お酒も一切飲まず、日本の僧侶が結婚していることを非難している。「彼らは出家者じゃない」と。ところが、タバコは吸っている。戒律のどこにも「タバコを吸うな」とは書いてないと言うのだ。それはそうだ。釈尊の時代にタバコはなかったから。どっちもどっちで、五十歩百歩かもしれない。》

    《「法要」という言葉には本来、儀式の意味は全くなかった。それは、「法の本質」、「真理の教えのエッセンス」という意味であった。
    (中略)
     ところが、わが国では「法要を営む」というように用いられて、仏教の儀式を意味する言葉になってしまっている。「教えの本質」よりも「儀式」、「形式」を重んずる傾向ゆえであろう。》

     ただ、仏典翻訳についての記述は、一般書にしてはトリヴィアルにすぎる部分がある。
     とくに、第2章「中国での漢訳と仏教受容」は、本来のテーマから脱線して「仏典翻訳四方山話」になってしまっている。
     たとえば、法華経の「如蓮華在水」の「蓮華」について、一般には白蓮華(プンダリーカ)のことだと思われているが、じつは紅蓮華(パドマ)のことである、と一項を割いて論じているのだが、私などは「そんなの、どっちでもいいんじゃねーの」と思ってしまうのだ。法華経や維摩経の梵漢和対照・現代語訳を成し遂げた著者としては、そのへんをなおざりにはできないのかもしれないが……。

     と、ケチをつけてしまったが、勉強になる良書には違いない。
     また、著者の仏教学の師である中村元への敬愛が、全編にあふれている点も好ましい。「中村先生はこう言われた」などという記述が随所にあるし、終盤に紹介された中村元の最期についてのエピソード(昏睡状態の中で、45分にわたって仏教学の“講義”をしたという)も感動的だ。

  • 内容は込み入っているけど、単純化すればインドで起こった仏教がインド→中国→日本を経由するなかで、誤訳・勘違い・こじつけ解釈などで様々に曲解・誤解されて伝わってきたと言うことを主張する。

    気になったのは「中村先生〜」という謎の紹介・説明が多いのと、筆者が英語・サンスクリット語などいろいろ言葉を駆使して原書から当たったのはすごいと思う。

  • 日本における文化的誤解◆インド仏教の基本思想◆中国での漢訳と仏教受容◆漢訳仏典を通しての日本の仏教受容◆日中印の比較文化

  • 個々の誤訳・改変をあげつらうばかりで、仏教思想そのものの変化や、日中印文化比較についてはたいへんに手薄。テーマ設定は面白いのだけれどなあ。

    サンスクリットを中国語に訳すときに漢字に置き換えるわけだが、どうしても漢字が持つ意味に引っ張られて意味が変化するのがひとつのパターン。これは中国語ならでは。

    日本は基本的にその漢籍を受け入れていくが、道元や日蓮がなかば確信犯的に元の仏典の意味を読み替えている例が紹介される。例えば、原文では単に「釈尊が成仏したのはすごく昔」という程度の意味であったのを、「過去も未来も観念の産物でしかなく、我が身を仏とすることで、永遠の現在にその意味が開けてくる」と解してしまう。テキストが読み込まれることにより豊かさを増す。

  • 仏教はインド、中国、日本と伝えられてきてどのように変容して受け入れられたのか。現在の日本の仏教とインドで発生した仏教との違いがよく分かる。またそれは、それぞれの国の人々の性質にもよったようである。

  • 2世紀半ばに中国に仏教が伝来し、初めは翻訳することで精いっぱいだったが、翻訳の段階が一段落して、5世紀ごろからその内容を比較検討するという時代に入った。

    各経典同士をよくよく読み比べてみると、「言っていることがぜんぜん違うじゃないか」、「まったく逆のことを言っているじゃないか」ということが出てきた。

    矛盾をなんとか解消しようとしたが、すべて、釈尊が説いたものだという大前提を崩さなかった。矛盾をどう解消したかというと、例えば天台大師の場合は、「釈尊が覚りを得た。その覚りを手加減しないでそのままストレートに説いた(華厳時)。
    そうしたら、みんな消化不良を起こした。これではよくないというので、レベルをがくんと下げて、非常に日常的なことから話を説き起こして(阿含時)、だんだんレベルを上げていって(方等時、般若時)、最後に最高の教えを説いた(法華時、涅槃時)」というようなストーリーをつけたのである。それによって相矛盾する内容を調整しようとした。日本は、それをそのまま受け入れた。 P165

  • 先人のサンスクリット語の翻訳の間違いを指摘している本だと思いました。
    翻訳の間違いを正して本当の教えを伝えようとしたのでしょうが、ちょっと意地悪かなと思いました。

  • NHK 100分de名著 より。植木雅俊 「仏教本当の教え」

    変容した日本の仏教をインド仏典から見直した本。タゴール、諸法実相、常不軽菩薩 の話は 面白い

    タゴールの思想「アジアは 文化によって 一つでなければならない〜仏教によって実現されていた時代があった」

    タゴールが見出した 仏教の現代的意義
    *徹底した平等
    *迷信、占いを徹底して排除
    *西洋的な倫理観を説かない〜神対人間ではなく、人間対人間の中で倫理観を説く

    諸法実相
    *諸法=あらゆる物事、現象、実体
    *実相=ありのままの姿、実在、普遍的実在
    *インドは実相が重視→日本は諸法が重視
    *諸法から実相を見、実相から諸法を見る

    法華経の理想とする菩薩像=常不軽菩薩
    常に軽んじないと主張して、常に軽んじていると思われ、結果 常に軽んじられることになるが、最後は 常に 軽んじられないものとなる菩薩

全38件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1951年、長崎県島原市生まれ。仏教思想研究家。九州大学大学院理学研究科修士課程修了(理学修士)、東洋大学大学院文学研究科博士後期課程中退(文学修士)、91年から東方学院で中村元氏からインド思想・仏教思想論、水野善文氏からサンスクリット語を学ぶ。2002年、お茶の水女子大学で人文科学博士号を取得(男性初)。東京工業大学世界文明センター非常勤講師を歴任。日本ペンクラブ会員、日本印度学仏教学会会員、比較思想学会会員。著書に『仏教のなかの男女観』(岩波書店。『差別の超克』と改題して講談社学術文庫)、『仏教、本当の教え』(中公新書)、『思想としての法華経』(岩波書店)、『仏教学者 中村元――求道のことばと思想』(角川選書)、『江戸の大詩人 元政上人――京都深草で育んだ詩心と仏教』(中公叢書)など、訳書に『梵漢和対照・現代語訳 法華経』上・下巻、『梵漢和対照・現代語訳 維摩経』(いずれも岩波書店)、『テーリー・ガーター――尼僧たちのいのちの讃歌』(角川選書)、『サンスクリット版縮訳 法華経 現代語訳』『サンスクリット版全訳 維摩経 現代語訳』(ともに角川ソフィア文庫)など多数。

「2019年 『梵文『維摩経』翻訳語彙典』 で使われていた紹介文から引用しています。」

仏教、本当の教え - インド、中国、日本の理解と誤解 (中公新書)のその他の作品

植木雅俊の作品

仏教、本当の教え - インド、中国、日本の理解と誤解 (中公新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする