地球の歴史 中 - 生命の登場 (中公新書)

著者 :
  • 中央公論新社
4.32
  • (10)
  • (10)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 108
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121023995

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 第5章 地球と生命の相互作用と共進化(生命の誕生と原核生物;光合成の開始と真核生物;多細胞生物と有性生殖の誕生)
    第6章 地球磁場の形成と全球凍結(外核の対流と磁場の誕生;マントルに注入される海水;雪玉地球(スノーボールアース))
    第7章 生物の爆発的進化(最後の全球凍結とエディアカラ生物群の誕生;カンブリア紀のバージェス動物群;オゾン層の形成と植物の上陸)
    第8章 化石資源の形成と古生代末の大量絶滅(脊椎動物の上陸と「生命維持装置」の獲得;大陸移動と生物の進化;プルームの冬と生物大量絶滅)

    著者:鎌田浩毅(1955-、東京都、地球科学)

  • 宇宙規模の壮大な上巻がとても面白かったのに対して、中巻は地球規模の話になっている。スケールダウンだけど、でもそれなりに面白い。
    地磁気や巨大火山に見られる地学的な歴史と、生物の誕生以降の二酸化炭素濃度の変動やらが相互に影響を与えながら共進化するさまが語られる。
    生物に関する記述はややノリが悪いというか教科書的な記述になっていて退屈なのだけど、地学・地球科学に関する部分は専攻だけあってグルーブ感がある。それは少し残念ともいえるけど、でもこういう学際的な本である以上、多少の濃淡・ムラはしかたないのでしょう。

  • [評価]
    ★★★★★ 星5つ

    [感想]
    生命の誕生と進化、それらに影響を与えた地球環境の変化が書かれていた。
    地球が着々と生命の誕生と進化のための環境を整えているように見えるのが不思議なぐらいでこの本を読むと人類誕生までに気が遠くなる長い年月が掛かっており、奇跡的なことなのだと言うことを改めて実感した。
    一方で地球が長い年月をかけて生み出した資源を人類が極めて短い期間で消費していることが心配になるが自分が生きている間では解決できないだろうと思ってします。

  • 図表豊富、それだけで価値、有難味あり

  • 上巻は宇宙と地球の話だったが、中巻は生命の誕生がメインだったので、出て来る用語もまた文系の私に耳慣れないものになった。
    私たちは現時点での完成形の生命体しか見ていないけど、様々な環境に適応して淘汰されていく中で残った形なんだと考えるとワクワクする。大昔には大きな虫もいたらしいけど、生き延びていけなくて今の大きさに落ち着いたっていう部分が印象に残った。淘汰されてくれてよかった‥笑
    何十億年後の地球には生命はいるのかな?どんな生命がいるんだろう?

  • 地球の歴史の中間では、生命が誕生して繁栄し、一方で何度も大量絶滅を繰り返すという凄まじい歴史が語られる。全球凍結したり、ホットプルームが吹きあがって巨大な火山爆発があったりしたが、生命はしぶとく生き残った、偉い!

  • 中巻は、生命の誕生と進化が中心で、先カンブリア紀から古生代までが扱われる。その中では、地磁気の発生によって、生命にとって有害な太陽風などの高エネルギー粒子の地表への到達が防がれるようになったといった地学的な要素も絡めて記述されるので、目先が変わったり、地球と生命の共進化という新鮮な考え方が示され、飽きることがない。スノーボールアースと呼ばれる全地球凍結の時代や様々な要因による大量絶滅があっても生命がしぶとく生き延びたことなども記述される。地球環境は、ネガティブフィードバックが働いて恒常性が保たれる場合と、ポジティブフィードバックにより変化が亢進する場合があり、一見強固なようで、実は脆弱なものという印象を受けた。

  • 厚い大気の層と穏やかな海を持つ地球。中巻では生命の誕生という地球史最大の謎に迫る。海で生まれた小さな生命は、光合成、呼吸、多細胞化、有性生殖といったさまざまな仕組みを獲得し、ついには重力や乾燥した大気をも克服して陸上に進出する。一方、磁場の形成や地球全体が凍結した氷河時代、オゾン層の形成など、地球環境も変化を重ねてきた。「生命の惑星」地球と生物が共進化するダイナミズムを追う。

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

鎌田浩毅(かまた・ひろき)
京都大学大学院 人間・環境学研究科教授。1955年東京生まれ。1979年東京大学理学部地学科卒業。通産省地質調査所主任研究官、米国内務省カスケード火山観測所上級研究員などを経て、1997年より京都大学大学院人間・環境学研究科教授、京都大学総合人間学部教授。東京大学理学博士。日本地質学会火山部会長、日本火山学会理事、気象庁活火山改訂委員、内閣府災害教訓継承分科会委員などを歴任。
京大の講義は毎年数百人を集める人気で教養科目1位の評価。科学啓発に熱心な「科学の伝道師」としても活躍。
『火山はすごい』(PHP新書)、『成功術 時間の戦略』(文春新書)、『火山噴火』(岩波新書)、『富士山噴火』『地学ノススメ』(いずれも講談社ブルーバックス)、『地球の歴史』(中公新書、全3巻)など著書多数。

「2019年 『富士山噴火と南海トラフ 海が揺さぶる陸のマグマ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

地球の歴史 中 - 生命の登場 (中公新書)のその他の作品

鎌田浩毅の作品

地球の歴史 中 - 生命の登場 (中公新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする