応仁の乱 - 戦国時代を生んだ大乱 (中公新書)

著者 :
  • 中央公論新社
3.46
  • (83)
  • (189)
  • (191)
  • (63)
  • (20)
本棚登録 : 2565
レビュー : 252
  • Amazon.co.jp ・本 (302ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121024015

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 京都で「先(せん)の戦(いくさ)」といえば〈応仁の乱〉のことを指すのだ、と言われるくらい京都に大ダメージを与えたといわれる中世の大乱。戦国時代の先触れとも位置付けられるこの戦、細川勝元VS山名宗全の対立が原因と簡単に片づけられることが多いようだが、果たしてそうなのか?10年余りにもわたって京の町を焼き尽くし、室町幕府を終焉に導いたとされるが、そんな単純に片づけていいものだろうか。
    誰でも知っているけれど、本当のところはややこしすぎてよくわからない。そんな「応仁の乱」の全貌を、奈良・興福寺の二人の別当の視点から解き明かした渾身の意欲作、と言えるのではないだろうか。とにかく登場人物が多すぎるうえ、名前がこんがらがりがちになるが、著者はできるだけ懇切丁寧に、わかりやすく順序立てて論じてくれている。

    視聴率的には惨敗した大河ドラマ『花の乱』が大好きな私にとっては待望の一冊としか言いようがない。〈応仁の乱〉について、さらなる研究が進むことを望みたい。

  • ・細川勝元が山名宗全と提携したのは、畠山氏を押さえ込むためだったが、畠山氏が内紛で弱体化すると、山名氏との同盟の重要度は低下した。山名氏の分国と境を接し、その圧迫を受ける備中守護家など細川氏庶流家は山名氏との提携にもともと否定的であった。山名宗全の側も、赤松氏再興に手を貸した勝元に不信感を持った。結果的に、新興勢力山名氏が覇権勢力細川氏に挑戦するという形で応仁の乱は生起したのである
    ・応仁の乱はなぜ起こったのか。直接的な要因は畠山義就の上洛であろう。それは、応仁の乱が勃発した後、足利義政が畠山義就を帰国させることで事態の収拾を図った事実からも裏付けられる。ただし、義就を上洛させた山名宗全も当初の狙いは無血クーデターであり、細川方との全面戦争を企図していたわけではなかった
    ・大内政弘や斎藤妙椿らの奮戦により局地的には勝利することもあった西軍だが、東軍に補給路を遮断されたため、最終的には戦争継続を断念した。将軍足利義政を戴く東軍が反乱軍たる西軍を屈服させる形で終戦となったわけだが、乱の前後で幕府の権力構造は大きく変化した。特筆されるのは、乱後ほとんどの大名が京都を離れ、在国するようになったことである。これは、大名による分国支配を保証するものが幕府による守護職補任ではなく、大名の実力そのものになったからである

  •  畠山家の家督争いに山名宗全が乗じ、足利義視が、一旦将軍職を譲ると約束したのを反故にした義正を敵視し・・・というようなきちんとした読み方にはとても付いていけなかったので、大体こんな雰囲気ね、で満足。当時の世情がよく分かる。人名や地名が難しく読めなくても、諦めずに通読する価値はある。三度くらい繰り返し読めば頭に入るのだろうが、二度目の読み返しで挫折した。
     
    応仁の乱は、なぜ起こり、なぜ11年もだらだらと続いたのか:情熱の本箱(180)
    http://hon-bako.com/bookbox/bookbox_passion/%E6%83%85%E7%86%B1%E6%9C%AC%E7%AE%B1180/[/private]

  • Kindle

  • 昨年大ヒットした本。今更ながら読んだが、とても面白い。今も昔も人間の本質は利己的であることがよく分かる。
    この本が何より面白い点は、経覚、尋尊という2人の僧を通じて社会のあらゆる階層が利己的に行動する様を描写しているところだろう。

    利己的と言うと聞こえが悪いが、したたかと言うとどうだろうか。武力や権力を駆使して自分の身や財産を守るために行動する室町時代の人々の生き様は逞しさを感じる。

    また、戦国時代はいわば「地方の時代」であり、この流れは応仁の乱及び明応の政変で将軍の影響力が低下したことにより始まったという説明は非常に興味深かった。

  • 応仁の乱の登場人物、時代背景、戦乱が起こるまでの経緯などを丁寧に解説する学術書。昔教科書で習ったような足利義政・義尚と義視の家督を巡る争いに、東西両軍が肩入れして乱が拡大したような単純な図式ではなく、3つの政治勢力のせめぎあいが根本にあることが分かった。
    著者はあとがきで第一次世界大戦を例に挙げているが、当事者の利害関係が複雑に絡む場合、戦闘の目的は曖昧になり長期化するのは避けられないのではないか。

  • 隱ュ縺ソ縺溘>縺ィ諤昴>縺、縺、繧コ繝ォ繧コ繝ォ譚・縺ヲ縺励∪縺」縺滓悽縺ョ荳?蜀翫??HK縺ョ豁エ蜿イ遘倩ゥア繝偵せ繝医Μ繧「縺ァ繧ょ叙繧贋ク翫£繧峨l縺ヲ縺?◆縲り?遖丞ッコ縺ョ邨瑚ヲ壹?∝ー句ー翫↑縺ゥ縺ョ隕也せ縺九i莠ャ驛ス繧?ケ募コ懊?鬨剃ケア繧定ヲ九k諢溘§縺九↑縲ゅ↑縺ョ縺ァ縲∵ュヲ蟆?↑縺ゥ縺ョ蜷榊燕縺後◆縺上&繧灘?縺ヲ縺阪※豺キ荵ア縺吶k縺九↑縺ィ諤昴▲縺溘¢縺ゥ縲∵Φ蜒上@縺ヲ縺溘⊇縺ゥ縺ァ縺ッ縺ェ縺九▲縺溘?ゅ〒繧ゅ?√◆縺上&繧灘?縺ヲ縺上k縺代←縺ュ縲ら腹螻ア鄒ゥ蟆ア縺ョ謌ヲ蝗ス螟ァ蜷肴?ァ縺ォ闊亥袖縺後o縺?※縺阪◆縲

  • 中央公論新社 新書大賞2017 5位
    2017年間ベストセラー11位

  • 名前だけは知ってても、で、何がどうなったのか全くわからないまま放置してた応仁の乱。新書一冊なのでこれでわかりやす…
    ダメだ。ややこしいというのはよくわかったが、きちんとノートをとりながら読み直します。(特に、冒頭で興福寺云々から始まって面食らった。勿論、その先を読み続けてなぜ興福寺から始めなければならないのかわかりましたが)

  • なんか難しい

全252件中 61 - 70件を表示

著者プロフィール

国際日本文化研究センター(京都市)助教。専門は中世の日本の歴史研究。著書に「日本中世への招待」「陰謀の日本中世史」など。

「2020年 『1偉人1分 まんがでサクッと日本史』 で使われていた紹介文から引用しています。」

呉座勇一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×