ガリバルディ - イタリア建国の英雄 (中公新書)

著者 :
  • 中央公論新社
3.56
  • (4)
  • (6)
  • (5)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 97
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (241ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121024138

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 何度挫折しても、再び立ち上がり、不屈の闘志で、イタリア統一の立役者の評伝。

    実際は自己演出もあったのだろうが、これほど国民に愛された革命家は、いないだろう。一言で言うならイタリアの西郷隆盛。

    強国に陸続きで囲まれ、植民地となっていたイタリアが統一し、独立を果たす流れがわかりやすく著述されている。

  • ガリバルディとかヴィットーリオエマヌエーレ2世とか本当に懐かしかった。なんだかんだ言って、人には適材適所があって、ガリバルディみたいに平時ではほとんど役に立たなそうな人が、戦時には馬力を発揮してイタリア統一に尽力した人もいる。

  • ガリバルディの名はクオレの中で知った。イタリア史など知らなかったが、祖国の為に外国と戦った英雄として民衆に愛されていたのは理解できた。今回当書籍を経て、イタリア史の一端が垣間見れた事、ガリバルディというキャラクタの存在感が理解できた。同時にクオレのある種政治的側面も。

  • イタリアの英雄、ガリバルディ(1807~82)。亡命先ウルグアイの独立運動で戦功をあげ、名声はヨーロッパにまで轟いた。帰国後、千人隊を組織してフランス軍を破り、シチリア・南イタリアを解放した、イタリア統一の立役者である。その活躍は神話化され、明治日本でも西郷隆盛になぞらえられ、中国・韓国では、独立運動の理想像とされるなど、世界中を熱狂させた。イタリア建国に生涯をかけた男の実像に迫る。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

1943年、東京生まれ。早稲田大学大学院博士課程修了。文学博士。東京経済大学教授を経て、現在、東京経済大学名誉教授。著書に、『赤シャツの英雄ガリバルディ――伝説から神話への変容』(洋泉社、マルコ・ポーロ賞受賞)、『シチリア・マフィアの世界』(中公新書、講談社学術文庫)、『「クオーレ」の時代――近代イタリアの子供と国家』(筑摩書房、ちくま学芸文庫)、『大理石の祖国――近代イタリアの国民形成』(筑摩書房)、『第三のローマ――イタリア統一からファシズムまで』(新書館)、『匪賊の反乱』『ピノッキオとは誰でしょうか』『マッツィーニの思想と行動』(太陽出版)、『「イタリア」誕生の物語』(講談社選書メチエ)、『ムッソリーニの子どもたち――近現代イタリアの少国民形成』(ミネルヴァ書房)、『ガリバルディ――イタリア建国の英雄』(中公新書)、訳書に、スティーブン・ランシマン『シチリアの晩祷――十三世紀後半の地中海世界の歴史』(榊原勝共訳、太陽出版)など。



「2019年 『地中海の十字路=シチリアの歴史』 で使われていた紹介文から引用しています。」

藤澤房俊の作品

ガリバルディ - イタリア建国の英雄 (中公新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×