定年後 - 50歳からの生き方、終わり方 (中公新書)

著者 :
  • 中央公論新社
3.47
  • (22)
  • (75)
  • (88)
  • (18)
  • (2)
本棚登録 : 679
レビュー : 88
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121024312

作品紹介・あらすじ

自営業などを除けば誰もがいつか迎える定年。社会と密接に関わってきた人も、組織を離れてしまうと、仕事や仲間を失って孤立しかねない。お金や健康、時間のゆとりだけでは問題は解決しない。家族や地域社会との良好な関係も重要だ。第二の人生をどう充実させたらよいか。シニア社員、定年退職者、地域で活動する人たちへの取材を通じ、定年後に待ち受ける「現実」を明らかにし、真に豊かに生きるためのヒントを提示する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 仏典には「臨終(死)について学んでから、他の事を学ぶべきだ」とあるという。

    著者は、大学院卒業後生命保険会社に勤務し、定年を迎えた後この本を出版した。
    人生の折り返し点を過ぎたら、「死」から逆算して人生を考え生き抜いていくのだというのが本書のテーマだ。

    脇目も振らず働いて一人前の社会人として実力を身につけていくべき青年期。
    その経験を基にして社会で活躍をしていく壮年期。

    著者の大きな転機は2回。
    40歳で阪神淡路大震災に遭遇したこと。
    47歳で体調を崩し長期休職したことだという。

    この経験が、自分自身への接し方、社会に対する見方を大きく変えたという。

    急速な医療の発達で、日本人の平均寿命は圧倒的に伸びた。
    ただ、その増えた年月の過ごし方を指し示す指標は存在しない。

    定年まで会社に縛られ、奉仕し、家族のためと、耐え抜き、働き抜いた男たち。

    だが、定年と同時にその肩書きは通用しなくなる。

    趣味に生きるのも良い。
    地域の活動に精を出すのも素晴らしい。

    そこで大事になるのは、肩書きや過去の経歴をひけらかすことでなく、積極的に役割を担い責任を果たしていこうという姿勢だという。

    「自分にとって本当に大事なものや、自分が果たすべき役割に気づいた人は、優しい眼差しを持った穏やかな表情になる」

    多くの定年後の人たちを取材してたどりついた言葉には重みがある。

  • 定年後のリアルな生活や悩みが書かれており、退職と同時に社会との関係が切れてしまうとどういう心持ちになるのか、50歳になったばかりの私でも疑似体験することができました。
    しかしそれをどう解決するべきかは、いくつかの事例が書かれているだけなので、解決策を期待するとがっかりすると思います。

  • <目次>
    プロローグ 人生は後半戦が勝負
    第1章   全員が合格点
    第2章   イキイキした人は2割未満
    第3章   亭主元気で留守がいい
    第4章   「黄金の15年」を輝かせるために
    第5章   社会とどうつながるか
    第6章   居場所を探す
    第7章   「死」から逆算してみる

    <内容>
    自分もソロソロ近づいてきた「定年」。このジャンルでは定評のある著者のベストセラー(2017年刊)。語り口がわかりやすく、実体験や多くのインタビューから構成されているので、信憑性が高い。分析は当たり前の感じだが、そのあたりが妥当なのだろう。ともかく趣味でも仕事でもいいので、新しいところで社会とつながること。少し大変な方が楽しい。現役時代の感覚は捨てること(これが一番難しいかも)。などかな?最近新刊が出ている(『定年準備』)も目を通したい。

  • 自分も近づいて来たので、書名に引かれて手に取った本。 子供の頃に好きだったもの、今のキャリアが活かせるもの、という指摘には納得。自分もそのような分野を意識していきたい。 それから大事なのは、積極的な関与と責任感、義務感。これにも納得。著者が指摘しているように、どうのこうの言いつつ、今の環境は恵まれているのかも。この点も再認識。

  • ●→本文引用

    ●60歳からの人生における自由時間は8万時間もある。これは20歳から働いて60歳まで40年間勤めた総実労働時間よりも多いのである。定年後の持ち時間は決して少なくない。また多くの会社員や定年退職者の話を聞いて感じるのは、「終わりよければすべてよし」ということだ。若い時に華々しく活躍する人も多い。それはそれで素晴らしい。ただ悲しいことに、人は若い時の喜びをいつまでも貯金しておくことはできない。大会社の役員であっても、会社を辞めれば”ただの人”である。一方で若い時には注目されず、中高年になっても不遇な会社人生を送った人でも、定年後が輝けば過去の人生は一変する。そういう意味では、「人生は後半戦が勝負」なのである。
    ●なぜ「会社は天国」なのか(略)とにかく会社に行けば人に会える。昼食を一緒に食べながらいろいろな情報交換ができる。若い人とも話ができる。出張は小旅行、接待は遊び。歓迎会、送別会はみんなと語り合える。遊び仲間、飲み友達もできる。時には会社のお金でゴルフもできる。規則正しい生活になる。上司が叱ってくれる。暇にならないように仕事を与えてくれる。おまけに給料やボーナスまでもらえる。スーツを着ればシャキッとする。会社は家以外の居場所になる。などなど挙げていけばいくらでも出てきた。
    ●小さい頃に得意だったこと、好きで好きで仕方がなかったことが、次のステップのカギを握っているケースがある。(略)またそういったポジティブな事柄だけにとどまらず、子どもの頃にコミットしていたことや、コンプレックスが重要なカギを握っていることもある。
    ●どのような社会とのつながりを目指したとしてもそこに優劣はない。しかし数多くの事例を見てきた立場から言えば、次の2点はこだわった方がいい。1点目は、何に取り組むにしても趣味の範囲にとどめないで、報酬がもらえることを考えるべきである。(略)何かに取り組む時に、他人の評価をお金に換算する態度は持っていた方がいい。(略)2点目は、望むべくは自分の向き不向きを見極め、自らの個性で勝負できるものに取り組むことだ。定年後の60歳から74歳までは自分自身を縛るものが少なく、かつ裁量をもって動ける黄金の15年である。人生後半戦の最大のポイントだという意気込みで、自分ならではのものを見出したいものである。
    ●多少割り切って言えば、中高年から全く新たなことに取り組んでも、長年の組織での仕事で培ったレベルに到達することは容易ではない。今まで取り組んできた仕事を直接、間接にカスタマイズして社会の要請に応えられるものにすることが力を持つ。
    ●やはり人は生きてきた道を還るのではないかと思ったのだ。(略)故郷は居場所の一つだけにとどまらず、自分の還る道筋ではないかと思った次第である。
    ●過去と未来につながっている自分は、誰とも比較を許さない唯一無二の存在である。そこには抽象的な自分は存在しない。(略)定年後において新たな自分を発見するためには、未来の自分、過去の自分に手助けを求めることがポイントだ。

  • 家庭と仕事の両立は難しいし大変だ。毎日のように会社を辞めたい、明日にもでも辞めてやる、と思っている。しかし、辞めた後、どんな生活が待っているのか?
    メリットとして家庭と仕事のバランスをうまくとることができるようになって自分の自由な時間も得ることができる。もっと趣味や子どもの教育に時間をたくさん割くことができる。一方でデメリットとしては、①刺激がなくなる、情報が得られなくなる、②孤独に陥る、これまで全ての人間関係は受身で構築してきたため、自ら人間関係を築くことができない。
    仮に個人事業主になって、組織に縛られず、家庭に割ける時間が増えたとして、刺激は極端に少なくなるだろう。社会の大きな動き、雰囲気のようなものに肌で触れることはできなくなるかもしれない。誰かの役に立てた、とりあえず一つ仕事ができた、みたいなちょっとした達成感や生きがい、のようなものも失うことになるかもしれない。さらに、これまで職場の人間関係には、長年悩まされ続けてきたが、会社から勝手に決められたチームでもそれでも一緒にランチを食べたり、仕事にまつわる会話をしたりすることで、孤独とは無縁でいられた。
    趣味や共通の興味を軸とした新たな人間関係作り、「お友達を作ること」そのスキルがポイントかもしれない。

  • まさに自分の状況にうってつけの時期に出た。新聞広告はたぶんオビと同じ「人生は後半戦が勝負」と大きく出ていた気がする。この4月で一応職業人生は終わり、また同時に子育ても終わっていて、が、なにか働かないでずっと家にいるのになじめない6月に読んだ。

    定年後は、オビのピックアップの言葉、
    ・終わりよければすべてよし に尽きるのだろう。

    そして死ぬまでの時間は実は働いた総時間よりたっぷりあり、
    ・自由にできる8万時間(84歳まで生きるとして睡眠食事等を除いた時間を計算) もあるのだが、

    しかし元気なのは、
    ・75歳までの「黄金の15年」。

    文中では2002年のアメリカ映画「アバウト・シュミット」で定年退職した主人公が自分が生まれた土地や通った大学にも行ってみるが、過去のいい思い出は蘇らず、逆に厳しい現実が次々と主人公を襲う。~過去を振り返ってみてもしょうがないのか。

    多くの定年者のインタビューではありあまる時間を有効に使い、悠々自適に過ごしている人は少なかった。

    作家の森村誠一氏は60歳から70歳が本当は自分の能力が一番発揮され”何をしてもいい自由を選べる「誉生」”の時期といったが、楠木氏は「しなくてもいい自由」の余生も素晴らしく、要は退職後の一日一日を「いい顔」で過ごせるかどうか、だという。

    現役中はもっと自由な時間があれば、もっと本も読めるのに、もっと映画もみられるのに、もっと音楽も聴けるのに、楽器にも挑戦したいのに、パッチワークもできるのに、と「もっと自由な時間があれば」というのがあったが、いざ自由な時間があると、上のどれもしていない。

    最大の理由、それは思いもかけないことだったが、興味の対象が変わっていた。

    本などは仕事がらみでどんどん必要と興味が沸き読んでいたが、仕事がらみのものにはパタっと興味が無くなった。まあ、しかし別な興味は沸いてきて、旅行に行ったイギリスに関する事が目下の興味。

    映画や、音楽も以前ほど興味が沸かない。若い人の恋愛物語はなにか見る気が起こらず、あれほど生活を覆っていたロック、ジャズもほとんど聴いていない。

    時間ができたら、とためておいた布地、これは8月に簡単なブラウスを作りミシンの感覚が戻ってきたので、パッチワークもするかもしれない。

    しかーし、最大の関門は体力の変化である。これはミシンをかけて実感したが、細かい手元がよく見えなくなっている。また8月には同じ日に2回も転び、やはり定年後は「体力」が最大のキーワードであるように思った。

  • 2003/2/2

  • 60歳の定年までまだ7年あるが、最近、50歳を過ぎたあたりから定年後のことが気になりだした。

    この本は、特にサラリーマンの男性をターゲットに書かれたもので、自分は当てはまる。
    長年組織に守られて生きてきたサラリーマンは、所属する組織がなくなると急に孤独を感じることになる。
    定年後のことは45歳くらいから考えた方が良いと著者は言う。
    正解は無いので個々人が決めることであるが、社会とつながっている状態を続けていた方が良い。
    自分は、「60歳の定年で仕事を辞めてのんびり過ごそう」ということは選択肢にしないようにしようと思った。
    で、何をしていきたいか、は考えないといけない。
    今の勤め先の仕組みでは、とりあえず今の会社にシニア契約で残るという選択肢がある。
    時々読み返して考えていきたい。

  • 対象は男性。定年後の生き方をインタビューしたり50代社員に研修をしてきた経験から。未練は持たず、残り時間はけっこう長いのだから、ぼっちひきこもりにならないよう、気をつけましょう。

    読んでいて何度も発行年を確かめてしまいました。本の読み方を、大企業や役職おじさんの意識や行動を知ること、に変えました。

全88件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

著述家
1979年、京都大学法学部卒業後、大手生命保険会社入社、人事・労務関係を中心に、経営企画、経営管理部門を歴任ののち、2015年退職。在職中より、関西大学商学部非常勤講師を務める一方、ビジネスパーソン200名にロング・インタビューを重ねる。朝日新聞beに「こころの定年」を1年余り連載。著書に『人事部は見ている。』『働かないオジサンの給料はなぜ高いのか』『左遷論』などがある。

「2016年 『経理部は見ている。』 で使われていた紹介文から引用しています。」

定年後 - 50歳からの生き方、終わり方 (中公新書)のその他の作品

楠木新の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
北野 武
トマ・ピケティ
百田尚樹
リンダ グラット...
塩田 武士
村田 沙耶香
有効な右矢印 無効な右矢印

定年後 - 50歳からの生き方、終わり方 (中公新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする