トラクターの世界史 - 人類の歴史を変えた「鉄の馬」たち (中公新書)

著者 :
  • 中央公論新社
3.58
  • (5)
  • (12)
  • (14)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 196
レビュー : 15
  • Amazon.co.jp ・本 (270ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121024510

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • トラクターの開発・普及や、世界各地でのトラクターの導入方法などを示しつつ、農業の変化や戦争への転用など、その功罪を展望する一冊。タイトルで技術史の本かと思わせつつも、トラクターを通して農業を見る農業史の本でもあり、文化史の本でもあった。面白い。

    日本のトラクター史についても、小岩井牧場や斜里農場で初期に導入していたこと、戦前日本でトラクターが意外と開発されていたこと(普及はしてなかったけど)、岡山や島根がトラクター開発の先進地だったこと、などなど知らないことも多く、読んでて楽しい。

    それと、機械化でなく労働集約化の方向に進んだ近世日本の農業を考える上で、機械化による大規模農業の事例は逆にいろいろなヒントを与えてくれそうに思えた。勉強になった。

  • 農業用”機械”は人類に何をもたらしたか――。米国、ナチドイツ、ソ連、中国、日本など、国家・民度・文化が絡んだ発展の軌跡を描く

  • 軍事技術が民生品に転用され、進化するというのと逆で、トラクターが戦車として開発されたという。トラクターの歴史がこんなにも面白いとは!

  • 藤原辰史『トラクターの世界史 人類の歴史を変えた「鉄の馬」たち』中公新書は、サブタイトルにもあるとおり、トラクターを<人類の歴史を変えた「鉄の馬」たち>と位置づけ、トラクターの登場と発展が人類の歴史をどのように変えていったのかを描く。

    『トラクターの世界史』は、トラクターの誕生から今日に至るまでの人類との関わりを描き出し、これからの未来社会における立ち位置までをも展望する意欲作だ。トラクターに興味のない人でも、トラクターの歴史を通してさまざまな示唆や発見が得られるだろう。

  • 主として農用のトラクター史。かつては蒸気機関を積んだトラクターも存在したが,内燃機関が採用されたことで20世紀に爆発的に普及した。
    トラクターと戦車が双生児とも言えること,トラクターと共産主義の関係など,とても興味深い。
    トラクターの語源が牽引で,attractとも同根であることから,「さまざまな人間を魅惑してきた」p.4という洒落っ気も好感度高い。

    日本のトラクター密度が世界一だというのは,なるほど納得。農地千㌶あたりの乗用型トラクターの台数は,日本は二位のオーストリアを3倍以上引き離して386台とダントツ一位(2000年)。アメリカの40倍近いトラクター密度だとか。
    農地面積が狭く集約的な日本農業の特徴が現れている。

    長い人類史において,19世紀まで一貫して畜力・人力でやってきた耕耘という重労働。それを20世紀のトラクターは肩代わりしていくのだが,その経緯が東西で対照的すぎてすごい。
    アメリカをはじめとする自由主義国家では,自立した農家が新技術に警戒しつつ,家族ぐるみで大事に育ててきた家畜を徐々にトラクターで置き換えていくのに対し,ソ連や中国などの社会主義国家では上からの強制により農業集団化が進められ,トラクター投入を見越して役畜を屠殺したところトラクターが来なかったり故障で動かなかったり。どちらが人間的であったかというのがよく現れていると思う。

    「農業は大規模化して効率よく機械化すべし」という合理的であるはずの考え方が,自己目的化して社会を混乱に陥れたという事実。そしてそれを隠蔽する情報統制とプロパガンダが政策の見直しを阻み,同じ失敗を繰り返す。これが構造的な問題であることに気付いても独裁者への諫言には多大なリスクを伴う。まさに暗黒…。

    トラクター発祥のアメリカでも新奇なものに対する反発,旧来の習慣への愛着は大きかった。
    本書では一例としてスタインベック『怒りの葡萄』の一節を引用しているが,本当に強烈な表現だ→“鋳物工場で勃起した十二の彎曲した鉄の陰茎、歯車によって起こされたオルガスム、規則正しく強姦し、情熱もなしに強姦を続けていく”p.65(大橋健三郎訳)

  •  トラクターは、いろいろな自由を人間にもたらした。
     トラクターは、役畜のの世話、長時間の耕作業、農作業の疲れ、そういったものから、人間たちを解放した。耕地を歩く距離も減り、一人で耕すことのできる面積が増え、農村に余暇をもたらしたのである。農業生産力を高め、人々を都市に向かわせ、人口を人類史上では例外といえるほどまでに増やすことに貢献した。トラクターが、近代の果実を人々にもたらしたこと、それ自体は否定しようがない。(p.235)

    ・女性に自由をもたらした?→トラクターは男のものであり続けた。
    ・農民に余暇を与えたが、農業機械購入のローン組みとセット。
    ・耕地の砂漠化の原因の一つ。(p.236-237)

     機械の大型化に向かう「力」は、決して大企業の一方的な力などではなく、農民たちの夢、競争心、愛国心、集落の規制、大学の研究、行政の指導と分かち難く結びついた網のようになっており、だからこそ、根強く、変更が難しいのである。(p.240)

  • 中公らしい一冊だけど、トラクターという題材は戦車との対比と各国での取り上げられ方ではちょっと弱かったように思える。

  • まあまあよかった。題材が題材だけに現代史に集中していたのでモノ歴史の失敗作にありがちな散漫な印象はあまりなかったが,もう少しベーシックな政治経済史の流れとの接続は欲しかったかも。

  • トラクターというマニアックでニッチなテーマを掘り下げ、人類発展の歴史をあぶり出している本。
    食料生産力を劇的に向上させたトラクターの功績と、戦争に応用されたとする功罪、そしてトラクターが生んだ今後の課題について言及されています。
    全部を通して伝わってくるのが、筆者のトラクターに対する愛です(笑)マニアックながら、ただただ面白い。オススメです◎

  • トラクターの世界史 藤原辰史著 明るい未来に隠された悪夢
    2017/10/28付日本経済新聞 朝刊
     一点突破、全面展開。良き分析に共通する手法だ。そして、本書のそれでもある。
     トラクターという一点に、徹底的にこだわる。発明の経緯、技術改良の過程、農業生産への影響など。ひとつも漏らさない。
     19世紀末、内燃機関を搭載した、奇妙な農耕具が誕生する。以来、古い農業の軛(くびき)を断ち、機械化という新時代へ、解きはなちたい。そんな欲望が、各国で湧き上がってくる。
     米国では、大型機械化と化学肥料の抱き合わせで、農業を近代化しようとする。旧ソ連では、社会主義計画経済のもと、農場集団化をめざし、女性運転手の社会進出も実現しようとする。
     ナチス・ドイツでは、フォルクスワーゲン(民衆車)構想と並び、フォルクス(民衆)トラクター構想で、排外的国家主義の産業基盤をつくろうとする。
     むろん、日本とて例外ではない。終戦直後、農地改革という号令のもと、小型トラクターや耕耘機(こううんき)が、客土や化学肥料とともに、明るい戦後社会をつくろうとした。
     米ソ、ナチス・ドイツ、そして戦後日本。いずれも、明るい未来をトラクターに託したのである。
     本書は、トラクターと、そこに社会が投影した夢という一点を、豊富な事例を通じ、追ってゆく。その手並みは堅実だ。
     だが、本書の真骨頂はその先にある。
     夢のゆくえを追いながら、じつは、夢の背後に隠されていった、悪夢の記憶をこそたどるのだ。
     大型農業経営という米国の夢が、土地を失う大量の農民という現実と化したこと。旧ソ連の農業集団化が、「第二の農奴」批判を呼んだこと。さらには、土壌浸食で環境変異が生じ、農業離れ土地離れの果てに、「スマート農業」という美名のもと、農業の無人化・管理化が喧伝(けんでん)されはじめたこと。
     著者にすれば、すべてないがしろにできない、地球規模での総体的大問題である。しかもそれは、決して歴史の彼方(かなた)に消えた過去の物語としてではなく、今日にまで続く喫緊の時事問題として、われわれの目の前にある。ここまで論じつくす。つまりは全面展開。
     夢のゆくえから、隠蔽された悪夢をあぶりだす。本書の醍醐味はここにある。

    (中公新書・860円)
    ふじはら・たつし 76年生まれ。京大准教授。専攻は農業史。著書に『決定版 ナチスのキッチン』『食べること考えること』など。

    《評》早稲田大学教授 原 克

全15件中 1 - 10件を表示

藤原辰史の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェイコブ ソー...
エラ・フランシス...
有効な右矢印 無効な右矢印

トラクターの世界史 - 人類の歴史を変えた「鉄の馬」たち (中公新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする