日本軍兵士―アジア・太平洋戦争の現実 (中公新書)

著者 :
  • 中央公論新社
4.12
  • (12)
  • (14)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :206
  • レビュー :18
  • Amazon.co.jp ・本 (228ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121024657

作品紹介・あらすじ

310万人に及ぶ犠牲者を出した先の大戦。実はその9割が1944年以降と推算される。本書は「兵士の目線・立ち位置」から、特に敗色濃厚になった時期以降のアジア・太平洋戦争の実態を追う。異常に高率の餓死、30万人を超えた海没死、戦場での自殺・「処置」、特攻、劣悪化していく補充兵、靴に鮫皮まで使用した物資欠乏……。勇猛と語られる日本兵たちが、特異な軍事思想の下、凄惨な体験をせざるを得なかった現実を描く。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 日中戦争・太平洋戦争を通じて、現場に近い日本軍の戦中史。
    「戦略レベルの戦史業書」と「戦術・個人レベルの戦場体験記」の隙間を埋める作品。

    例えば、戦地で歯医者がいない、覚醒ヒロポンの多用、必要不可欠な装備の劣化、アメリカへの過小評価、軍記・組織の乱れ、陸海軍の不統一 、機械化の遅れ=人力や根性で補う等を例に富み、帰還した現場の管理職達の証言や出版物をまとめている。
    個人の戦争体験記を、まとめただけという印象があり、物足りなさを感じる。
    しかし、時系列で一定の体系化されており、理解しやすい工夫がされている。
    また、敵であり戦勝国のアメリカと異なり、日本側の戦死者の記録が、遺族への気遣いや仲間意識により、後世の研究材料にならない杜撰な統計記録であった事は、初見であり収穫であった。改めて、日本人の弱さを考えさせてくれる。

  • 吉田先生の渾身の作品。
    この本を読むと、右の人が大好きな大東亜解放という聖戦とやらが、日本軍の人命軽視、補給軽視の戦争遂行によって実に尊い人命が無くなったかと思うとやりきれなくなる。

    もっとも、大義のために人名を軽視しがちなお偉いさんの考えたかたは戦後70年経過しても変わらないようである。

  • 失敗の本質のような細かい戦術分析はないけれど、戦局ごとの戦艦保有数や死者数など、わかりやすかった。すごいぞニッポン言う前に、1944年以降の犠牲者が90%以上を占めたこの狂った日本の過去を知るべき!!

  • 日本軍の実態を戦略的・戦術的ではなくあくまで兵士という人間的観点で分析した本。とは言っても、結局は名著「失敗の本質」で取り上げられた日本軍の敗因の焼き直しを兵士の側面から描いたというもの。まあ、日本軍の本質的な敗因は人間という限りありそして最も大事なリソースを最も低く見ていたということに尽きるので、戦略的・戦術的に見ても兵士側から見ても同じことが言えるのだろう。日本人の体型は変わってきているので、第二次大戦時とは肉体的に違うようだが、精神的には今も何も変わっていないようで、空恐ろしくなる。

  • 日本軍がどのように戦ったのかを資料を交え、数値で解説。そこに浮かぶものは効果の薄い、兵站の弱い、負けるべくして負けた、日本軍の姿です。
    日本軍、とひとくくりにしてしまうと見えてきませんが、この本のタイトルのとおり、一人一人の兵士がどのような戦いを強いられたか、その姿を浮き彫りにします。
    たら、れば、は禁物ですが、冷静に数字を追い、分析すれば戦況の逆転は難しかったはず。
    戦死者が終戦直前に集中していること、いわゆる戦死ではなく、移動途中の海上死や病死が多いことからもそれがわかる。
    膨大な資料を読み解き、再構成した労作。

  • 兵士の個人レベルの死を、史料に即して分析し、淡々と連ねることから浮かび上がる、日本の壷毒社会の構造的な欠陥。好戦・反戦ではなく「なぜ多くの日本人が、日本人が運営する軍隊を毛嫌いするのか、日本人が運営する軍隊の再来をいやがるのか」の理由に迫っているのではないかと思われる。好著。

  • 戦後生まれの著者が戦史をテーマにし、資料や証言をもとに丹念に日本軍の実態を読者に提示する。平易な文章で、データをふんだんに提示しながら戦地の様子を浮かび上がらせる。そして、これまで読んだ「失敗の本質―日本軍の組織論的研究 (中公文庫)」による大局的な戦略分析本と小松真一の「 虜人日記 (ちくま学芸文庫) 」や山本七平の「下級将校の見た帝国陸軍 (文春文庫)」という戦地の生々しい体験談本とあわさって、日本帝国軍とはどういったものだったのか、あの戦争はどういうものだったか、私の脳にはっきりと、強く、深く、刻まれた。
    山本の「日本はなぜ敗れるのか―敗因21ヵ条」で取り上げている項目とも重なることも多いが、本書では、これまで読んだ本では見えなかった「虫歯治療」「背嚢」「軍靴」「飯盒」といった軍務を継続する上での対応の杜撰さも浮き彫りにされており、軍隊の実態はが如何に悲惨なものであったかががわかる。「死ぬことこそが栄誉である」という精神論を振りかざし、兵隊を死地に追い込むやり方で戦争を戦おうとしたやり方は塁塁とした屍の山を築くだけだったことがわかる。
    日本人として、読むべき一冊だ。

  • 日中戦争・太平洋戦争という近代総力戦において、過剰な精神主義、補給・平坦の不備、無謀な作戦、工業力の不足、機械化の遅れなどを原因として、日本軍は負けるべくして負、その中で膨大な戦死者、戦病死者、海没者、軍属・民間人の死者を出した。その中には、撤退時に収容できなかった負傷者への自決の強要や殺害といった理不尽な死も多く含まれている。こうしてみると、戦前の日本軍兵士は、いかに悲惨な境遇にあったかが見えてくる。本書は、兵士の置かれた環境・境遇といった観点から、近代戦遂行能力が決定的に不足していた旧軍の状況をあぶりだす。装備や補給の不足といった事実はこれまでも耳にしてきたが、例えば、歯科医の不足、戦争神経症への不対処、覚醒剤の使用といった兵士のケアへの軍部の不感症といった近代戦遂行能力の欠如がよく分かった。

  • 悲惨な話が多くて重たい。読むのに時間がかかってしまった。
    ロジスティックを全く考えないで進んだ悲惨な状況を早い段階で止めることができない空気感は辛い。

  • 2018/4/6読了。

全18件中 1 - 10件を表示

吉田裕の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジャレド・ダイア...
塩田 武士
ヴィクトール・E...
有効な右矢印 無効な右矢印

日本軍兵士―アジア・太平洋戦争の現実 (中公新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする