日本軍兵士―アジア・太平洋戦争の現実 (中公新書)

著者 :
  • 中央公論新社
4.02
  • (69)
  • (85)
  • (47)
  • (6)
  • (2)
本棚登録 : 935
レビュー : 103
  • Amazon.co.jp ・本 (228ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121024657

作品紹介・あらすじ

310万人に及ぶ犠牲者を出した先の大戦。実はその9割が1944年以降と推算される。本書は「兵士の目線・立ち位置」から、特に敗色濃厚になった時期以降のアジア・太平洋戦争の実態を追う。異常に高率の餓死、30万人を超えた海没死、戦場での自殺・「処置」、特攻、劣悪化していく補充兵、靴に鮫皮まで使用した物資欠乏……。勇猛と語られる日本兵たちが、特異な軍事思想の下、凄惨な体験をせざるを得なかった現実を描く。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  •  ここ20年くらい前から日本近代史学界では「兵士の視点・体験」からの戦争史・軍事史研究が盛んだが、本書は1941~45年のアジア・太平洋戦争に焦点を絞った、そうした研究動向の現時点におけるコンパクトなダイジェストといえる。餓死、自殺、他殺、薬物中毒、精神疾患、感染症、私的制裁、略奪、人肉食といった極限状況における日本軍兵士の「死と病理」を生々しい記録・証言によって明らかにしている。単に兵士の悲惨な実情を示すのみならず、その構造的原因を経済・文化的背景を含めて分析することで、立体的な歴史像を構築している。注意するべきは、いわゆる「後知恵」的な批判・裁断は極力行わず、批判するにしても同時代人の軍人・軍関係者の直接の言葉をもって行っていることで、「当時の感覚」としても問題が意識化されていたことがわかるような叙述になっていることであろう。近年の根拠のない「日本軍礼賛」「日本人自画自賛」風潮への批判意識は明瞭だが、そうした先入観なく「事実」をありのままに知らしめるための工夫といえる。

     なお個人的には、本書で示される日本軍の構造・特質がどうしても現在の日本企業と重なって仕方なかったことを付言しておく。過労死・過労自殺が恒常化している劣悪な職場環境や、「自己責任」の名の下で次々と弱者に抑圧が移譲される状況、作戦至上主義ならぬ成果至上主義による人間性の荒廃、問題を根本的に改めず精神主義的な対応に終始する国家の対応など、あまりにも相似している。改めて「戦前と戦後の連続性」を深刻に捉える必要を感じた。

  •  文化を外国人にほめてもらう、海外での日本人の活躍ぶりを紹介するメディアが増えている中、このタイトルの本を読んでみようと思ったのは日本軍兵士の勇ましさエピソードに期待したから。筆者はそういう人こそ日本軍兵士の凄惨な現実を直視する必要があると思ってこの本を書いたそう。

     この本はアジア・太平洋戦争で日本が敗戦濃厚となってからの兵士の健康・疫病問題や、軍が思想や指導のあり方で現場にどのような負荷をかけてきたかを多くのデータと手記を交えて説明したもの。

     日本の戦没者の多くが敗戦濃厚となった1944.8-1945.8に集中しているそう。要因も餓死を中心にした病気によるものが多く、海没、自殺や傷病兵の殺害など、戦死でないものが多い。
     兵士の平均体重も装備の質も軍紀もみるみる落ちていく様が示される。
     それらの要因となった歴史的背景も思想や政府といった目線から解説してくれる。

    学ぶことが多かったんだけど、下の階級の兵士が文献として日本軍の問題点を多く残していることに1番驚いた。下が問題を認識しているのに上は解決しようと動かないのは現代でもよくあること。

     戦争がらみの本の中には固有名詞や専門用語が多く、読んでられないものが多い中、この本はめちゃくちゃ読みやすい。だいたいの章の最後に一言結論を書いてくれるのも頭の中がまとまっていい。おすすめ。

  • 著者は、戦争を賛美する風潮に反発したことや、兵士たちの手記を読むことで、この悲惨な記憶を風化させてはならないと思ったことからこの本を書いたようである。
    実際、悲惨の一言に尽きる。日本軍は近代化に失敗した軍隊で、虫歯や栄養失調で弱った身体にマラリヤなどの病気が蔓延し、戦死と言えないような死に方をした兵士も多かった。また、戦争末期にはまともな装備も与えられず訓練もろくに出来ていない老年や少年たちが招集されている。
    通信機器が遅れていて有線にこだわった為、結局は徒歩の伝令や伝書鳩に頼ることになったとか、日本製の機械や自動車が未熟で、末期にはものすごい重さの荷物を背負って運ぶことになった為、効率が悪かったとか、日本軍あるあるが沢山書かれていて、兵隊はつらいなぁ、と感じた。
    弱いものいじめが横行した為、自殺者や敵軍に走る兵士が出てきたなども、全体を見る人が足りなかったからか、と思った。
    これでもか、と書かれた日本軍の有様を読むと、戦争は絶対にしてはいけないと痛感する。日本人として読む価値はある。

  • 「兵士の七〜八割に虫歯や歯槽膿漏」、「人員不足のため前線の野戦病院に歯科医が配属されることはなかった」これが、日中戦争〜太平洋戦争を戦った日本軍兵士の実態であった。この例一つを取ってみても、当時の日本はとても戦争などやれる状況にはなかったということである。
    何より、その根本に兵士の命を第一に考えるという発想がない。それは、現在の行政府が国民の生活を第一に考えていないということにも脈々と繋がっている。

  • 日本軍がアジア・太平洋戦争にて劣勢に立たされていく状況を、病気や体力などあらゆる面から解き明かしている。
    当時の過酷な有様がデータでこれでもか、と示されており、切なくなる。いわゆる特攻隊として人命を犠牲にしてほど続けたい戦いだったのだろうか?
    なぜ政府はそうまでして戦争を続けようとしていたのか、と考えると、日本という国が失われることが怖かったのだろうか?
    もしそうだとしたら、日本という国を守ろうと戦った当時の人達に敬意を表すと同時に、もっと戦争時代の日本政府の思惑や国民心理を知りたくなった。

  • 私の祖父はフィリピンへの輸送船で戦死した。あと3週間頑張れば戦争は終わったのに。でも、果たしてそうなのか。上手く島に着いても、酷い飢えと病気が待っていた。凄惨な状況、酷い装備、そしてただ精神論のみの挙句、部下を死に追いやる軍上層部。とりあえず日本人は、戦争に向いていない。そう強く感じた一冊です。

  • 凄惨な日本軍兵士の事実に、胸が痛む。これだけの辛苦を課したエリート層は何故この道を進む事になったのか。個人の問題ではなく、組織や国家のありようが、まだ理解出来ない。
    現代社会の枠組みに、同じリスクが孕まれているようにも思うが、これを救うのはナショナリズムを否定するグローバルな視点が卓越する必要がある。だから僕等は世界を目指す。

  • とても真面目に丁寧に日本軍の実態を追いかけている。何よりその姿勢に心打たれた。

  •  イデオロギー色がないわけではないが濃くはない。軍医や衛生兵の証言を多く引用するなど、研究者の本らしく抑え目の表現ながら生々しい。死者の9割が1944年以降で、戦病死者や餓死者、自殺者数が戦闘の死者数を上回るという数々の推定。硫黄島の戦いでも戦闘の死者は3割のみとの証言。栄養や補給、工業化なども含めた総合国力が軍の強さでもあり、日本軍はこの点で明らかに弱かった様子が分かる。消耗戦を戦い抜くだけの国力はないとの「強い自覚」は軍にもあったと著者も書いているのに。
     著者は、国力を超えた戦線の拡大や戦争終結の意思決定の遅れの背景として、明治憲法体制の欠陥である「統帥権の独立」と「国家諸機関の分立制」を挙げている。しかし、両者は矛盾する面もあるかと思う。前者だけなら「軍部(=軍令)の暴走」と単純化すればよいが、実際には内閣や大政翼賛会など他のプレーヤーも戦争の過程にいた。また後者に重点を置けば、軍部の暴走というよりも、むしろ国家のどの機関も決定的な力を持たなかったことが欠陥だったのではないか。
     なお、男子人口に占める軍人の割合は同時代のドイツよりもずっと低く、この隘路に対し、植民地出身者や当時の欧米で行われていた女性の軍事動員は消極的で、その分少年兵を重視したという。

  • 力作。
    ありそうでなかった視点。戦時中の兵士からみた戦争の現場。読むに堪えなく、飛ばし読み。
    やっぱり、国、政府は信用出来ない。

全103件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

*同名著者あり
1.吉田裕(よしだ ゆたか)
1954年生まれのの研究者。専攻は日本近代軍事史、日本近現代政治史。一橋大学名誉教授。同時代史学会代表。
2018年、『日本軍兵士-アジア・太平洋戦争の現実』でアジア・太平洋賞特別賞、2019年同作で新書大賞2019大賞をそれぞれ受賞。

2. 吉田裕(よしだ ひろし)
1949年生まれの研究者。専攻はフランス文学、日本文学。早稲田大学法学学術院教授。1972年早稲田大学第一文学部仏文科卒、同大学院博士課程中退、早大文学部助手、同法学部助教授、教授。

3. 吉田裕(よしだ ゆたか)
2018年1月現在西日本旅客鉄道株式会社安全研究所 主席研究員(主席)

吉田裕の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジャレド・ダイア...
有効な右矢印 無効な右矢印

日本軍兵士―アジア・太平洋戦争の現実 (中公新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×