エリザベス女王-史上最長・最強のイギリス君主 (中公新書)

著者 :
  • 中央公論新社
4.16
  • (22)
  • (17)
  • (10)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 279
感想 : 22
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121025784

作品紹介・あらすじ

1952年に25歳で英国の王位に即いたエリザベス女王(1926~)。カナダ、オーストラリアなど16ヵ国の元首でもある。ウィンストン・チャーチル、サッチャー、ジョンソンら十数人の首相が仕え「政治経験が長く保てる唯一の政治家」と評される彼女は、決して”お飾り”ではない。70年近い在位の間には、ダイアナの死をはじめ、数多くの事件に遭遇、政治に関与し、20世紀末には強い批判も受けた。本書はイリス現代史を辿りつつ、幾多の試練を乗り越えた女王の人生を描く。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 90代になっても女王として活躍を続けているエリザベス女王がどういう方なのか知りたいと手に取りました。

    第2次世界大戦では入隊もし、結婚、25歳で王位につき、機密文書・外交文書にも目を通し、コモンウェルス(旧英連邦)の首長も務める。

    お飾りではない、強く聡明な女王陛下の人生と、世界情勢が非常に分かりやすく解説されています。

    特に「コモンウェルスの女王陛下」が勉強になりました。

  • 女王のことをリリベットと書き、即位した瞬間から女王に変える、変えるというか当然にそうなる。君塚先生の女王愛に打たれた。女王陛下、王たるものの在り方に感動した。

  • エリザベス女王がいるイギリスに絶対行きたい。
    健康で長く在位して頂きたい。
    読み終わってイギリス王室のインスタフォローしてしまった。

  •  NETFLIXでエリザベス女王のドラマを見つけた。エリザベス女王の知識を入れておいた方がドラマを見るのに楽しいだろうと思い購入。

     まだご存命のエリザベス女王の人生を振り返ることは、そのまま第二次世界大戦後のイギリスを中心とした世界の歴史を紐解くことにつながるということで、本の流れはイギリスの歴史とエリザベス女王の人生を一緒に追っていくようになっている。

     まだ女王はご存命であるので、人物評価が難しく、史料も少ない中出版された本なので、ちょっと内容が淡々としていてダレるところは正直ある。
     それでも、、上流階級に対して敬いの気持ちが昔と比べて薄れている今の時代で、王室が時代にあわせて変化していって国内外で受入れられている流れがよくわかる。
    これから見るドラマもより楽しめると思う。感謝。
     

  • エリザベス2世の逝去を受けて読んだ一冊。立憲君主制の中で王室のあり方を模索し続け、英国に尽くした女王の生涯(この本が書かれた時点ではまだ在位中だが)が書かれており、Netflixドラマ「クラウン」とリンクしている部分も多く、伝記物としても読みやすい。

    長きにわたる在位の間に時代は変わり、チャーチルからはじまった国内の老獪な政治家との折衝や、コモンウェルズとの連携など、難しい舵取りをされてきたのだと感じるとともに、女王を筆頭とする王室のソフト外交の重要性がよくわかった。

    そんななかで、立憲君主という立場の似ている昭和天皇とのエピソードが沁みた。

    時代のうねりの中で、沈みゆく大英帝国を目の当たりにしながら、ときにはスキャンダルからの王室批判に向き合い、どんな気持ちで公務にあたっていたのか。
    筆者によれば、勤勉実直な女王は日記を書いているはず、とのことなのだけど、さすがにプライベートなそれは公開はされないのだろうな。

  • 今年で在位70年を迎える英国エリザベス女王。周囲は記念祭を表す単語"Jubilee"で盛り上がっている。
    本書はその当事者を書いた伝記。ビジネス書でらない伝記は故人を対象にしたものが多いなか、存命中の女王を対象とする。
    読み進めるとなぜこんなにも長い間在位しているのか頷ける。チャーチルやサッチャーなど、かの歴代の首相を前に対等に渡りあってきたのは、英才教育の賜物ではなく生まれ持った天賦の才のように見える。
    天賦の才(センス)だけでなく、物事を理解しようと資料を漁る努力家。加えて冗談を交えたパーソナルタッチで相手の懐に入る。
    なるほど、これは絶大な信頼を国民から得ているわけだ。

  • 1926年(大正15年)4月21日生まれで、父王ジョージ6世の崩御に伴い1952年(昭和27年)2月6日に25歳で即位したそうだから、来年は在位70年で96歳。その間に世の中は大きく変わったのに、連合王国はもちろん、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドなどの国々でも君主の地位を保ってきたのだから、たいしたものだ。連合王国ではずいぶん昔から女性の王位継承が認められてきたのに、男女を問わず第一子が王位を継承する絶対的長子相続制が導入されたのは今世紀に入ってからで、ヨーロッパの王室の中では遅い方だったとは意外だった。「おわりに」で紹介されている夫君エディンバラ公の言葉、「ヨーロッパの君主制の多くは、…熱心な支持者たちによってまさに滅ぼされたのである。彼らは…何の改革や変革も行わずに、ただただ体制を維持しようとする連中だった」を読んで、日本の天皇制もそうなるかもしれないと思った。2020年5月10日付け読売新聞書評欄。

  • NetflixでThe Crownを見はじめたのだが、少しの予習があってもよいかと手にとってみた。内容的には女王の事績をひたすら祝ぐようなもの。特段おもしろくはないのだが、知識の整理にはなった。いくつか「え、そんな事件もあったのか」という件もあり、ややネタバレになったと箇所もある。しかし、英国の視聴者などはそこらへんも知って見ている人がほとんどであろうから、それはそれでいいのかも。

    しかし英国というのは過去を延々と引きずっている国ですな。日本みたいに敗戦や明治維新といった、ある意味での断絶を経ている国とはだいぶ感覚が違うのでは。あと米国も新しい国のようでいて一つの政体が何世紀も続いているという点では英国に近い。主要先進国ではこの2つくらいでは。

  • 289-K
    閲覧新書

  • イギリスからみた超現代史です。
    普通、歴史の新書は小難しくて読みにくいものが多い中、すっと入ってきました。
    そして、エリザベス女王、すげーっす。

全22件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

2022年4月現在
関東学院大学国際文化学部教授

「2022年 『ハンドブックヨーロッパ外交史』 で使われていた紹介文から引用しています。」

君塚直隆の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
アンドレアス・レ...
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×