韓国社会の現在-超少子化、貧困・孤立化、デジタル化 (中公新書 (2602))

著者 :
  • 中央公論新社
4.17
  • (8)
  • (13)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 135
レビュー : 17
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121026026

作品紹介・あらすじ

者の就業率、私教育費、男女の賃金格差など先進国の中で、”最悪”の数値を示す韓国。「圧縮した近代」の結果、特に1を切った出生率、60%が無年金者という高齢者の貧困率・自殺率は世界で最も深刻である。他方で問題解決のため大胆な政策が即座に行われ、デジタル化などは最先端を行く。本書は、少子高齢化、貧困・孤立化、デジタル化、教育、ジェンダーをテーマに、深刻化した現状と打開への試行錯誤を描く。韓国の苦悩は日本の近未来でもある。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 韓国の少子高齢化も、日本と同様、注目される。

    この本には、次のようなことが書かれているようだ。

    韓国の2018年の合計特殊出生率は0.98、2019年のそれは0.92。
    0台というのは、2018年時点では、世界初。

    2019年度の人口保健福祉協議会調査によると、韓国の20代女性の57%が結婚の意思がなく、71%が「子どもを産むつもりがない」とか。
    日本と同様で、韓国も、仕事、家事、育児の負担が女性に偏っていると。

  • 今まで調べてこなかった知識を得ました。
    SNSでこの本がわかりやすく、面白い。

    かなり数字も具体的に入っているので、
    著者が表現している、「日本の近い未来に韓国のケースと同様になる要素がある。」
    というのも頷けると思った。

    コンテンツセールの上手な韓国において、
    韓国のエンターティナーが高学歴なのも
    見逃せない要素と感じた。

  • 韓国は少し未来の日本である。
    知って理解しておくべき事実はそこにたくさんあった。

  • タイトルに偽りなし。韓国社会の問題点―少子高齢化・単身社会、デジタル化、教育、女性について、コロナ渦の状況も盛り込みつつファクトベースで活写。知らない事が沢山あったと痛感。
    日韓は社会システムのベースが似ていながらも、政策決定がダイナミックで異なる点が色々とあり、だからこそベンチマークに最適というのは本当に同感。課題先進国として互いに高め合える関係が築かれればと感じる。
    紙幅の都合で割愛したという「韓国の政治文化」「外国人労働者政策と移民政策」も今後どこかで読める事を期待したい。

  • 出生率0.92を記録した韓国の超少子化の現状や年金制度、電子化、教育、ジェンダーといった韓国の国内情勢に対する幅広い分析がなされている。それらに対するこれまでの政府の対策についての言及もあり、情報も新しく、韓国国内情勢の現状認識の理解に役立つ本。

  •  日本以上にラディカルな韓国だから、非常に分かりやすい未来予想図となっている。ただ、問題なのは、そのような意識を持って、かの国を冷静に見ることができていない現状だろう。小手先ではどうしようもない、そのことを実感する。

  • 【配架場所、貸出状況はこちらから確認できます】
    https://libipu.iwate-pu.ac.jp/opac/volume/533504

  • 韓国は国別GDP ランキングでは1960年代はアジア最貧国で2018年には10位になった。ものすごいスピードで成長しているが、そのぶんいろいろ歪みがおきている。合計特殊出生率は0.92で子供はかなり少なくなっている。

  • 少子高齢化、学歴社会、デジタル化、ジェンダーの各領域について韓国の現状と対策を分かりやすく描いている。帯のセンセーショナル惹句とは異なり、地に足の着いた議論がなされている。たとえば、『82年生まれ、キム・ジヨン』に関連しても、その後の政治的対応、バック・ラッシュ、進歩派にも根強い家父長規範など目配りが広い。キッザニアで体験できる職業が日韓で大きく違うなど、興味深い指摘も多い。

    日本よりもはるかにスピーディな韓国の動きがどのようなプラス・マイナスを生み出しているのかを知ることは、とても有意義だと思った。

全17件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

春木育美

1967(昭和42)年東京都生まれ.韓国延世大学大学院修士課程修了,同志社大学大学院社会学研究科博士課程修了(博士・社会学).東洋英和女学院大学准教授,東京大学非常勤講師,米国アメリカン大学客員研究員などを経て,早稲田大学韓国学研究所招聘研究員,(公財)日韓文化交流基金執行理事.著書に『現代韓国と女性』(新幹社,2006年),編著『現代韓国の家族政策』(行路社,2010年),『韓国の少子高齢化と格差社会』(慶應義塾大学出版会,2011年).共著『知りたくなる韓国』(有斐閣,2019年)他多数

「2020年 『韓国社会の現在』 で使われていた紹介文から引用しています。」

春木育美の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
オルテガ・イ・ガ...
有効な右矢印 無効な右矢印

韓国社会の現在-超少子化、貧困・孤立化、デジタル化 (中公新書 (2602))を本棚に登録しているひと

ツイートする
×