物語 パリの歴史-「芸術と文化の都」の2000年 (中公新書 2658)

著者 :
  • 中央公論新社
3.33
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 83
感想 : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (266ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121026583

作品紹介・あらすじ

古代ローマのカエサルのガリア遠征に始まり、百年戦争、ルネサンス、絶対王政、フランス革命など、常に世界史の主要な舞台として繁栄してきたパリ。「芸術文化の都」として、一億人にものぼるという、世界で最も多くの旅行者を惹きつける魅力はどのように形成されたのか。歴史を彩る王たち、たび重なる戦争と疫病の危機、そして文学や思想、芸術、建築……。フランス史の碩学とともに訪ねる二〇〇〇年の歴史の旅。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 女子栄養大学図書館OPAC▼ https://opac.eiyo.ac.jp/detail?bbid=2000053706

  • 東2法経図・6F開架:B1/5/2658/K

  • パリの歴史を文化から読みとっていておもしろかった

  • 235.3||Fu

  • 一億人という世界最多の旅行者を惹きつけるパリの魅力はいかに形成されたのか。フランス史の碩学とともに訪ねる二〇〇〇年の歴史の旅

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

福井憲彦

学習院大学名誉教授。1946年(昭和21年)、東京都に生まれる。東京大学文学部西洋史学科卒業、同大学大学院人文科学研究科博士課程中退。東京大学助手、東京経済大学助教授、学習院大学教授・学長などを歴任。日仏会館理事長。専門はフランスを中心とした西洋近現代史。著書に『カラー版 地中海都市周遊』(共著)、『世界の歴史21 アメリカとフランスの革命』(共著)、『ヨーロッパ近代の社会史』『歴史学入門』『近代ヨーロッパの覇権』『パリ 建築と都市』(共著)など。

「2021年 『物語 パリの歴史』 で使われていた紹介文から引用しています。」

福井憲彦の作品

物語 パリの歴史-「芸術と文化の都」の2000年 (中公新書 2658)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×