あの頃日本は強かった―日露戦争100年 (中公新書ラクレ)

著者 :
  • 中央公論新社
2.83
  • (0)
  • (0)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 13
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121501066

作品紹介・あらすじ

日本はなぜ一大偉業をなしえたのか。各会戦を具体的に追うとともに、国力、人材、兵力比較と対外関係から「勝ち戦」の理由を多角的に紹介した決定版。「観戦武官物語」など読み物も充実。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 『あの頃日本は強かった-日露戦争100年-』
    柘植久慶 著

    いつの世も、先を見通すことの出来る将と、精神論を振りかざして多大な犠牲を生む将がいるな。
    思えば『踊る大捜査線』の名台詞「事件は会議室で起きてんじゃない、現場で起こってんだ!」はどの時代にも当てはまるんだな。
    児玉源太郎、大山巌、開戦前から終戦後の処理も考える者がいれば乃木希典の様な者もいるわけだ。
    本書は随分と中国、ロシアのこき下ろし方が随分な印象が否めないが...
    軍事郵便の章は中々に興味深いものがありました。
    数千、数万の死傷者が出ながらも、この「手紙」ってのは機能してたんだな。

  • 平成25年2月14日読了。

全2件中 1 - 2件を表示

柘植久慶の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

あの頃日本は強かった―日露戦争100年 (中公新書ラクレ)を本棚に登録しているひと

ツイートする