歴代海軍大将全覧 (中公新書ラクレ (177))

  • 中央公論新社
3.15
  • (2)
  • (0)
  • (10)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 43
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (442ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121501776

作品紹介・あらすじ

初代西郷従道から井上成美まで。77人の海軍大将の事跡を追いながら、主要事件・海戦の内容も網羅、紹介する。日本海軍の建軍期から終焉までを一冊で鳥瞰した、海軍史の決定版。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 新書文庫

  • 対話形式になっているので読みやすい。
    77人の海軍大将の事跡を追っているのだが、マニア以外に読む人いるんかな?(笑

  • 帝国海軍が始まって以来の、全ての海軍大将についての考察が書かれている本です。

    兵学校のクラスヘッドであっても、中将から大将に昇格するのは非常に大変です。そこでこの著書は、大将に昇格できた要因を、戦果や歴任してきたポスト、どのような人間で構成される派閥に属していたか等のヒントをもとに考えていきます。

    ロンドン海軍軍縮条約や軍令部の権限強化について、「この提督が1枚噛んでいなければ・・」と思わせるような、戦争責任を負ってもおかしくない大物提督に注目して読まれると、帝国海軍の敗因が少し見えてきます。

  • 全ての海軍大将の履歴が載っていてこの価格。コストパフォーマンスの高い一冊です。

  • 対談形式での人物像スケッチなので,客観的なリファレンスとしては使えない.内容はそれなりに読めて面白い.

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

半藤 一利(はんどう かずとし)
1930年、東京府東京市向島区(現在の東京都墨田区)生まれ。東京大学文学部国文科卒業後、文藝春秋新社に入社。編集者として活動しながら匿名記事も記す。1965年に大宅壮一の名義を借りて『日本のいちばん長い日』を執筆、発行。『漫画読本』『増刊文藝春秋』『週刊文春』『文藝春秋』編集長を歴任。1995年に文藝春秋を退社してから作家・評論活動専任となる。
1993年『漱石先生ぞな、もし』で新田次郎文学賞、1998年『ノモンハンの夏』で山本七平賞、2006年『昭和史』で毎日出版文化賞特別賞をそれぞれ受賞。2009年の語りおろし『昭和史 1926-1945』『昭和史 戦後篇 1945-1989』はベストセラーとなった。
妻の半藤末利子は、松岡譲と、夏目漱石の長女・筆子の四女で、夏目漱石が義祖父にあたる。

歴代海軍大将全覧 (中公新書ラクレ (177))のその他の作品

半藤一利の作品

ツイートする