命に値段がつく日―所得格差医療 (中公新書ラクレ)

  • 中央公論新社
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 28
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121501813

作品紹介・あらすじ

「医療の市場化」が日本に導入されようとしている。過疎の村で奮闘する異色の医師が、それがもたらす「所得格差医療」に警鐘を鳴らすとともに、公平な医療とは何かを鋭く問いかける。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 三葛館新書 498.13||IR

    和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=43536

  • レセプトドイツ語で処方箋、日本語のでは診療報酬明細書
    アメリカでは7人に一人が保険に無保険
    国民医療費 対GDP比 7.6% OECD 30国中20位
    世界一重い日本の医療費家計負担
    患者負担率世界2位一位韓国 一部定額負担の英国は患者負担率は2-3%
    2002年公費が33%,保険料は51%, 患者負担15% 1993年患者負担は12%
    病院経営のノウハウと資金力をもっている大企業は麻生グループとセコムのみ


    公的保険 共済組合(公務員)、組合管掌健康保険(大企業)、政府管掌健康保険(中小企業)、国民健康保険(自営年金)
    前者3つ社会保険診療補償支払い基金、国保連合会

  • 分類=医療・政治。05年6月。

全3件中 1 - 3件を表示

色平哲郎の作品

ツイートする