つきあいきれない韓国人 (中公新書ラクレ)

著者 :
  • 中央公論新社
2.64
  • (1)
  • (0)
  • (6)
  • (2)
  • (2)
本棚登録 : 19
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (187ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121502094

作品紹介・あらすじ

人づきあいから交渉スタイルまで、日韓の間に立ちはだかる「壁」。それはどういう文化背景から生まれたのか、丁寧に解説。大臣も庶民も分け隔てなくつきあった大使館員のみぞ知る真実。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 両班。なるほど!

  • 民主化宣言かが1987年なので歴史が短い。
    継続性は軽視されるので役所は担当者が変わると対応が変わる。
    約束は簡単に反故にされる。列を作ったりゴミをゴミ箱に捨てることが苦手。
    勝つことが好きなので謝らない。
    韓国人は議論好きだが論理的ではなく、事実を元に話さず声の大きさや情で訴えてくる。

  • 著者はやさしすぎる。

全3件中 1 - 3件を表示

渡部昌平の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする