不動産は値下がりする!―「見極める目」が求められる時代 (中公新書ラクレ)

著者 :
  • 中央公論新社
3.06
  • (8)
  • (12)
  • (56)
  • (14)
  • (4)
本棚登録 : 247
レビュー : 33
  • Amazon.co.jp ・本 (261ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121502520

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • はじめに、で筆者がふれているように、雑誌みたく興味のあるところだけ拾い読みすればよさそうな内容。読み通すのはキツかった。ってか、最後50ページくらいはとうとう断念したけど。東京の具体的な地名とかビルとか、そこに住んでないから分からんし、まあそのへんが週刊誌的とは思ったけど、流し読みして終わり、みたいな感じでした。結局、テーマと直接関係のある論旨はどこに書かれているの?って感じだったし。イマイチ。

  • 合掌。前、通勤電車でこの本読んでて熱中し過ぎて、普通に一駅乗り過ごした。

  • リクルート創設者江副浩正氏の著作。事件の頃は高校生ぐらいで、何ていう悪者かと思っていたけど、今落ち着いて考えてみると、一代でリクルートを巨大グループに成長させたベンチャーの先駆けであり、有能な人材を輩出し続けるリクルートという企業文化の体現者ということになるのだろう。
    現在上昇している不動産価格について、現状や近い将来の予測も交えて全体的には値下がりするだろうというのが主張。
    理由として
    1.容積率の緩和などで高層ビルが増えて、床面積は増えている。
    2.少子化による大学の廃校や統合、国立大学の民営化によりキャンパス用地が住宅に変わる。
    3.工業用地も製造業の空洞化により、今後は別用途で使われることになっていく。
    が挙げられている。
    これらによる効果は確かに高いと思われる。

    ただ最後に筆者は東京は魅力的な街で集積はさらに進むと思われるとしている。
    結論としては東京の中心地は土地の価格は変わらないかまだ上がる、ただ通勤圏も含む郊外の価格は下がりそうということだった。

    結論としてはごく一般的なような気がする。

  • かのリクルートの江副氏による不動産論。これから不動産価格は下落し、金利は上昇するという論を展開していますが、どうも話が横道に逸れがちで、展開がまとまっていない印象を受けました。結論的に同意する点も少なくないものの、説明の説得力が全般的に弱いかな?とはいっても、法改正や開発で不動産の供給は際限なく創出される話をはじめとしてさすが不動産に関する知識は豊富ですし、バブル期の思い出話や裏話は面白かったので、マクロな分析というよりミクロな知識のインプットに役立つ一冊とはいえるかも。

  • この本が上梓された時期は今よりも少し前なのでデータに関しては若干古いことがありますが、本質的なことを考えるには有効な一冊だと思います。特に不動産投資されている方に読んでもらいたいと思っています。

    僕はちょっと前まで不動産関係の仕事をしていたということと、いろいろな意味で有名な江副浩正さんの本ということで手にとって読んでみました。彼ははもともと株取引の相場のほうで有名だというイメージがあったのですが、

    彼が代表を務めていた頃から不動産会社もグループ企業に持っていただけあって、不動産のほうにも一家言あるということがこの本を読んでよく判りました。特に自分が読んで面白かったのは金利とローンに関する箇所で、金利が上昇すれば地価が下落する

    と言うところはなるほどなぁと思いましたね。後、この本が出版された時期が2007年の7月あたりだという事情もあって、このあと私たちに降りかかった未曾有の経済恐慌については言及されていないものの、国債の先物が投機筋に売り浴びせられたらとんでもないことになるだろうという箇所は、

    これからも起こりうることなので、ここだけは読んでいて寒気がしましたね。僕ももう一度、不動産についての勉強をやり直してみよう。

    この本を読んで、そう思いました。

  • 細かい数字や専門用語が出てくるので、少し読むのが難しい感じがします。他の不動産関係の本を読んでから、もう一度この本を読んだほうがいいかもしれません。

  • まあ、仕事柄知っていることが多かったので、あまり新鮮味は少なかったな。

  • 出版されたのが、2007年。不動産価格が上昇していた頃です。
    著者の予測通り、下がりましたね。

  • 法律の変更などにより土地は再生産されている。だから地価は上がらないという話。都心にはビルの高層化により人が住めるスペースはどんどん増えてる。

  • [ 内容 ]
    「失われた10年」は再び繰り返されるのか。
    その将来像のなかで、私たちがいま、知っておくべきことを1冊にまとめた、現代人必読の書。
    不動産に関する知識も、網羅的に紹介されている。
    ベンチャーの雄は時代をどう見ているのか。
    独自の視点が刺激的な不動産の近未来像。不動産のプロから購入者まで、いま必読の一冊。

    [ 目次 ]
    第1章 変貌する大都市
    第2章 埋め立てや規制緩和で土地は「生産」されている
    第3章 都心一極集中まだ床が増産され続ける
    第4章 都心周辺や郊外部でも土地の生産が続く
    第5章 インフラ整備に伴う供給の増加
    第6章 金利の上昇は地価の下落に直結する
    第7章 近く金利は上昇し、不動産価格は下落する
    第8章 不動産バブル問題

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

全33件中 1 - 10件を表示

江副浩正の作品

不動産は値下がりする!―「見極める目」が求められる時代 (中公新書ラクレ)を本棚に登録しているひと

ツイートする