読売新聞朝刊一面コラム - 編集手帳 - 第二十一集 (中公新書ラクレ)

著者 :
  • 中央公論新社
3.75
  • (1)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 20
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (255ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121504111

作品紹介・あらすじ

大震災から数ヶ月が経過したが、政治も社会も落ち着かない11年下半期。首相の交代、大臣の失言、天災の連続。海を越えれば、欧州危機からカダフィ、金正日の死去…時事問題に触れながらも、季節の折々に被災者に思いを馳せる。この半年を名コラムニストはどう切り取ったのか。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 最近はまっている読売新聞の「編集手帳」のまとめ本。

    気に入ったフレーズなどをいくつか。

    ユーモアとは「にもかかわらず」笑うことである

    私はひどく嫌いなんだ/自分の持ち物を自分の身体の一部と感じない人が/人込みの中、持ち物を他人にぶつけて平気な人が…..

    →同様に、自分の持ち物を床に置く心も理解できない

    遠く離れて 会いたいときは 月が鏡に なればよい

    日本人全体がな…...これまでは、幸せな幼児だったのじゃな。二千年もの間、この暖かく、やさしい四つの島のふところに抱かれて

    朝に見て昼には呼びて夜は触れ確かめをらねば子は消ゆるもの(河野裕子)

    言葉は文脈のなかで生きている。一語を抜き出して「けしからん」と避難しても意味がない。

    われわれは後ろ向きに未来へ入ってゆく

  • 閲覧室 304||タケ||21

全2件中 1 - 2件を表示

竹内政明の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
鹿島田 真希
伊賀 泰代
ウォルター・アイ...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする