病んだ部下とのつきあい方 精神科医が教える上司の心得 (中公新書ラクレ)

著者 :
  • 中央公論新社
3.33
  • (0)
  • (4)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 43
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (238ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121504722

作品紹介・あらすじ

「先生、どうすればいいんでしょうか?」大企業の97.5%に1ヵ月以上休職中の「病み社員」がいる今、メンタルヘルスの知識は上司の必須教養だ。療養中の働きかけは?復職した時の注意点は?上司が発する切実な疑問に応えつつ、部下を精神的に追いつめないためのヒントを提示。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 単にメンタル、あるいは「うつ」といってもいろんな症状、いろんなタイプがあるということ。従来型うつ、新型うつ、アスペルガー、社会コミュニケーション障害、あるいはパニック障害、、、等々。
    それら一つ一つに対して、どう接するべきかよく考えるべきだし、読み取りを間違えるとさらに悪化させるおそれがあるというのも難しい。
    さらにいえば、人事(任用)の観点でも、(例えばパニック障害歴があるなら"一人出張所"は危険だろう、といったように)配慮すべきとも思える。

    ただし全般的に、がんばらせすぎないこと、寄り添うこと、そして、寄り添っていること(心配していること)を感じさせること。さらにいえば、休養をとらせることがほぼ万能薬というようにも読み取れた。

    人事担当としてはこの手のことは必修。そして、手軽にまとめられていて勉強しやすい一冊。図書館でかりてよんだけど、時々振り返りたくて、結局購入することにした。

  • 脳の病気か?一過性の心の反応か?
    多くの事例を紹介し、
    それに対するOK対応とNG対応を教えてくれる。

    病んだ部下に対する対応としてだけでなく、
    部下を病まさないための留意点など、
    参考になる部分は多かった。
    特に、「事実と感情をわけて対応する」
    というのは、人の話を聞くスタンスという意味で、
    メンタルヘルス以外の場面でも役立ちそうだと感じた。

    ただ、実際のチームをもつ「上司」として、
    病んだ部下への配慮が、
    他メンバーに逆差別的に捉えられ、
    チーム全体の士気や成果が下がるのをどう防ぐか?
    という点が一番気になるところ。
    上司は病んだ部下をケアすることが責務のひとつだが、
    部下同士の同僚(中には後輩)から見れば、
    病み社員への配慮や理解が難しい部分もあると思う。
    そこをどうするか?

    という視点がなかったのが、少し期待外れだった。

  • NGワードだけは気をつけよう。

  • クリティカルなものではないけれど、心に留めておくべきことがたくさん書かれている。病むことは、部下自身にも問題(ストレス対処が下手とか)があり、その全責任を上司が負わなくていいというスタンスに安心感がある。その上で、どうやってそれを克服するか上司としてできる範囲でできることをやりましょう、と。自身のストレスマネジメントを社会人としての必須スキルとして研修とかに取り入れられたらいいなぁ。

  • 西多昌規/著
    「先生、どうすればいいんでしょうか?」大企業の97.5%に1ヵ月以上休職中の「病み社員」がいる今、メンタルヘルスの知識は上司の必須教養だ。療養中の働きかけは?復職した時の注意点は?上司が発する切実な疑問に応えつつ、部下を精神的に追いつめないためのヒントを提示。

全5件中 1 - 5件を表示

病んだ部下とのつきあい方 精神科医が教える上司の心得 (中公新書ラクレ)のその他の作品

西多昌規の作品

ツイートする