ちっちゃな科学 - 好奇心がおおきくなる読書&教育論 (中公新書ラクレ 551)

  • 中央公論新社
3.30
  • (4)
  • (4)
  • (10)
  • (5)
  • (0)
本棚登録 : 111
レビュー : 15
  • Amazon.co.jp ・本 (195ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121505514

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 加古さんと福岡先生の子どもと科学のメッセージ。

  • 引き続き、かこさとしさんを読む( ´͈ ᵕ `͈ )
    かこさんの絵本はよみものしか読んだことなかったけど、科学の絵本も読みたくなった( ´͈ ᵕ `͈ )

  • 借りて読もうと思っている間に訃報を聞いた。
    しっかりとした志を持った立派な人だったのだなあ、ということが今更ながらよくわかる。
    もうずいぶん高齢ではあったけれど、それでも、やはり惜しい人を亡くしたものだ。

  • 戦争を体験した世代の「自分より優れている人が戦争に行ってみんな死んでしまった。自分は死に残りだ」という見方にははっとさせられた。その「忸怩たる思い」は実際に経験していないとなかなか知ることは難しい。「読書」ってすごいね。

  • かこさとしさんは、伝えたいことが山ほどあるように思える。
    堰を切ったような語り口で、情熱があふれている。福岡先生は、わかりやすく伝えたいという気持ちが伝わってくる。
    どちらも子供の好奇心をうまく導いてあげたい、方向性を示してやることこそ大人の仕事だと述べている。押し付けるのではなく、広い世界の入り口を見せてあげること。

    元昆虫少年の僕も、もう一度昆虫の世界に触れたくなった。子供が小さいころに大量に飼育したカブトムシや、サイクリングの度に目にするアゲハ蝶の世界に、もう一度入り込めるかな・・・。

  • 対談集も福岡伸一も苦手なんだけど、読んで良かった!
    スラスラ読めたし、なんだ福岡氏面白いじゃん!

    理系・文系というくくり方についてのお2人の意見は、ウチの子やその同級生にも聞かせてあげたいものだ。
    幼少の頃から超オタクという人が希望の道に進み易い受験制度になるといいのにな~と思った。
    でもって、超オタクにもしっかりと教養全般を身に付ける機会や時間を取らないといけない。

    たまたま今朝の「天声人語」にもあったが、身近なところにも小自然があり、興味さえあれば何でも科学する対象に成り得るということ、親が気づき、子にもそういう視点を持たせてやることが大事(っていうか、子に元々そういう視点はあるかもしれないので否定しないことが大事)。

    若い人にも読んで欲しい。
    学校の先生にも読んで欲しい。

  • タイトルからは想像できないほど、大人向けの硬派な話でした。
    子ども達の好奇心に対して、大人が真摯に向き合ってあげる事が大事なのだという事を再認識できました。(教えるのではなく、子どもの目線に立つのが大事)

  • かこさとしさん、福岡伸一さん、どちらの著作やインタビューもなるべく読んでいるので、エッセイや対談の内容としてはあまり新味はなかったけれど(内容のほとんどがいままでにあちこちで発表されたものの寄せ集めでもあり)、ハンディにまとまっているので、お二人に入門する人にはいい本だと思う。
    子どもの理科離れをただ案じていないで、大人が身近な自然を楽しんでみせればいい、というのが最大のテーマで、一問一答では、文系vs理系で思考停止してしまう教育制度や人の意識への危機感がふたりに共通していた。まったくそうだな、文系と理系で反目したり責任押し付けあったりしてて、けっきょく反知性主義に負けてしまっては元も子もないな、と思った。
    ブックガイドはいつもの福岡先生セレクション+かこさんの作品だけだったので、もっとひろく科学系の絵本の紹介があったらよかった気もする。ともあれ、子ども時代にかこさんの絵本(お話系にせよ、科学系にせよ)にであうかどうかで、かなり人生は左右されるというのは確かだと思った。

  • かこさとしさんの科学絵本に対する、かこさんご自身による解説と、福岡氏による評価。と、現代の教育事情に対する的確な批判。

    文系理系分けるナンセンスさへの批判は、もっともだと思いました。

    かこさんの作品て、絵の雰囲気が小さい頃からずっとあまり好きになれずにいたのですが、どういう点が優れているのかをここまで丁寧に説明されてしまうと、好きにならざるを得ない(笑?苦笑?)。
    さっそく、子どもたちに『かわ』買い与えた!

  • 本来子供は何も言わなくとも好奇心の塊なのだから,それを阻害しないことが最低限の親の仕事で,子供のやりたいを加速させられたらそれで十分ではないか.ものに頼る飽物の時代だからこそ,ものに頼らず頭で工夫する仕掛けを考えられたら目的は達せられる.ようは,親の問題に帰着するだろう.

全15件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

加古里子(かこ さとし、1926年3月31日 - 2018年5月2日)
福井県越前市(旧・武生市)生まれ。8歳から東京都板橋区で育つ。成蹊高等学校(旧制)を経て東京大学工学部応用化学科卒業後、昭和電工の研究所に勤める。工学博士、技術士の資格を取得。勤務のかたわら困難を抱えた人々に寄り添うセツルメント活動、児童向け人形劇、紙芝居などの活動に従事自作の紙芝居が福音館書店の松居直の目に留まり、59年に絵本『だむのおじさんたち』でデビュー。
1973年に会社を退職後、ニュースキャスター、大学講師、海外での教育実践活動に励みながら、物語絵本、知識絵本、童話、紙芝居など非常に多くの作品を記した。特に自然科学の専門知識を活かした「科学絵本」の開拓者・先駆者となる。2008年菊池寛賞、2009年『伝承遊び考』で日本児童文学学会特別賞をそれぞれ受賞。
50代で緑内障を患って以来左目はほとんど見えず、近年は持病の腰痛もあって車椅子生活が続いたが、創作意欲は全く衰えず、1月には「だるまちゃん」シリーズの新作を刊行。亡くなる前日まで、届いたファンレターの読み上げを聞いていたという。

かこさとしの作品

ツイートする