教えて! 校長先生 - 「才色兼備」が育つ神戸女学院の教え (中公新書ラクレ)

  • 中央公論新社
2.83
  • (1)
  • (1)
  • (6)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 44
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (214ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121505538

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 学校ごとにこういう教育方針をもっているんだ、というのが分かり、他の私立学校の方針なども見ていきたいと思えるようになった本。

  • 青年よ大志をもて。それは金銭や我欲のためにではなく、また人呼んで名声という空しいもののためであってはならない。人間として当然そなえていなけらばならぬあらゆることをなしとげるために大志をもて。

  • 神戸女学院の紹介とOGのメッセージ,それらはまあなんということもないが,内田氏の学校教育に願う想いが,序章,終章に込められていて,環境も含めて教育の大切さを痛感した.

  • 学校自慢のようにも聞こえ少し鼻につかなくもないですが、これだけ誇りに思える母校を持てることが羨ましく思います。

  • 子供の進学先の候補として、大変参考になった。

  • 娘に買えと言われ買った。先に読む。

    「林真理子」が校長先生だというのは知っていたけど(間違って買った、買いそうになったというのが内田樹先生のツイッターに並んだ)内田先生との対談本かとは勘違いしていた。

    内田先生は序章と終章を執筆されていて、私には「すでに読んだことがある」感があった(何度でも読みたいから、それは別にかまわない)。
    その間が、「教えて!校長先生」とQ&Aになっている。所々に著名な卒業生インタビュー。

    女学院には、「市場のニーズに合わせて」変わらないでいてほしい。
    「変えてはならないものは決して変えてはならない」。

  • 140年の伝統を誇るミッション・スクール、神戸女学院は「秘密の花園」である。最難関校の一つなのに、大学合格実績を非公表というミステリアスさ。「日本一美しい」と評され、都会の喧噪から隔絶したキャンパス。大学の音楽学部生がパイプオルガンを奏でる毎朝の礼拝。外国語教育で鍛えられたOGたちは、グローバルに活躍。思春期の女子を伸ばす秘訣がここにはある。中高の林校長と、著名な内田樹名誉教授がその教育力のヒミツを初公開。

全8件中 1 - 8件を表示

教えて! 校長先生 - 「才色兼備」が育つ神戸女学院の教え (中公新書ラクレ)のその他の作品

林真理子の作品

ツイートする