読む力 - 現代の羅針盤となる150冊 (中公新書ラクレ)

  • 中央公論新社
3.71
  • (6)
  • (24)
  • (12)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 257
レビュー : 18
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121506160

作品紹介・あらすじ

読者待望、「知の巨人」による初の対談本! 混迷の時代を読み抜くこの130年の、この150冊!
松岡 本はコストパフォーマンスもいいし、折ったり、赤線をひいたりしながら読めます。ダブルページ(見開き)単位で内容を追っていけるのもいい。スクロールでは、かなり段落を短くしないと読みにくい。
佐藤 僕も「本は汚く読め」といっています。
松岡 賛成。僕も「本はノートにしろ」と言っている。
佐藤 どうしても綺麗に読みたければ、二冊買えと。一冊は書き込んで、一冊は保存用にすればいいのだから。(本文より)

第一章 子どもの頃に読んだのは
第二章 論壇からエロスも官能も消えた
第三章 国内を見渡す48冊――ナショナリズム、アナーキズム、神道、仏教……
第四章 海外を見渡す52冊 ――民族と国家と資本主義
第五章 「通俗本」 50冊 ――ラッセル、養老孟司、島耕作 !?読むとは、従属じゃない。守って破って離れることだ!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 刺激的な本だった。教養エンタメといえば、エンタメなのかもしれないけど。気楽に読んで、すごく知的好奇心を刺激されるんだよね。通俗化の価値とか、なるほどなぁと思うところもあったし。本書に出てきた150冊を読破したら、頭よくなるだろうか、なんて頭の悪い夢想をするのも楽しい(笑)。

  • 『中央公論』で昨年から今年にかけて4回にわたって連載された対談。
    創刊130周年にちなんで東西の論壇130年を振り返ります。

    松岡正剛氏に言わせると「読む力」には三つのAがすこぶる有効。
    アナロジー…その本から何を類推できるのか、何を連想したかということ
    アフォーダンス…その本によって何が制約されたのか、攻めこまれたのかということ
    アブダクション…その本によって何を前方に投げられるのか、どんな仮説がつくれるのかということ

    「130年を理解するための100冊」が紹介されていて、
    その中で私が読んだのは大川周明氏の『日本二千六百年史』だけ。
    「読み方や意味のわからない言葉が毎ページ数個あり、
    辞書で調べながらやっと完読」と記録あり。
    でもとても面白かった記憶あり。
    だから他の99冊も、きっとおもしろくて難しいのだろうなと想像します。
    機会があったら…。

    いっぽう「通俗本50冊」では『バカの壁』『火の鳥』を楽しく読んだことがあるけど、『ソフィーの世界』は何度か挫折、それっきり。
    通俗本だからといって、簡単に読めるというものではないみたい、私レベルでは。

    ところで、この本にエピソードとして米原万里さんが二度登場しました。
    とても頭の良い素敵なかただと思いました。
    彼女のようになるのは到底無理だけど、目標とするモデルとして、心にのこしたいと思いました。

  • 知の巨人。博覧強記。

    人間というのは「読む」という知の蓄積行為によって、ここまで果てと底が見えない人間たるのか。
    と、人間の可能性を感じさせられる一冊。

    自分にはまだまだ知らないことが、山のようにあるのだとワクワクさせてもらえる。

    勉強すればするほど、謙虚になる。
    未知が見えることが楽しい。

    読書の醍醐味は、未知との遭遇であり、人生もまた然り。

  • 読んでいる、けど、読めていない、と感じる。
    文字を追っている、けど、点で切れる感じ。

    面白いと思う箇所もあるけど、「ここまでの知識」を知っていることを前提に話しているし、きっと私にはスラスラと読めない本が羅列されている。

    タイトルからすると、普遍的な取っ掛かりをこの高名なお二人から得られるのではとワクワクするのだけど、感想としては断絶された感だな(笑)

    「地球上から二週間に一つの言語が消えていっている」という英語の功罪の部分だけ、残しておきたいと思う。

  • 佐藤優さんの底なしと思わせる知識には、いつも敬服する。

  • 知の巨人2人の対談に圧倒された

  • ●いったい「読む力」とは何かというと、たんなる読解力のことではない。国語の試験問題に答えられるようにすることではない。著者の「意図と意表のあいだ」にどのくらい介入して、そのうえでそれなりの「傷」をもって帰ってこられるかということだ。

  • 150冊のうちの最初の100冊は私には難しすぎた。あとの通俗本50冊はなんとかついていけたが・・・。

  • 伝えたい相手がいるから大学で講義をする。論壇でガンガンやるけど、数奇者の思想を持つ。

  • 混迷の時代を読み抜くこの130年のこの150冊。松岡、佐藤「知の巨人」、初の対談本

全18件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

編集工学者、編集工学研究所所長、イシス編集学校校長。80年代に情報文化と情報技術をつなぐ方法論を体系化し「編集工学」を確立し様々なプロジェクトに応用。2000年「千夜千冊」の連載を開始。同年、eラーニングの先駆けともなる「イシス編集学校」を創立。近年はBOOKWAREという考えのもと膨大な知識情報を相互編集する知の実験的空間を手掛ける。また日本文化研究の第一人者として「日本という方法」を提唱し独自の日本論を展開。著書に『知の編集工学』『擬』『世界と日本の見方』『国家と「私」の行方』ほか。

「2018年 『千夜千冊エディション 情報生命』 で使われていた紹介文から引用しています。」

読む力 - 現代の羅針盤となる150冊 (中公新書ラクレ)のその他の作品

松岡正剛の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジャレド・ダイア...
リンダ グラット...
ヴィクトール・E...
J・モーティマー...
有効な右矢印 無効な右矢印

読む力 - 現代の羅針盤となる150冊 (中公新書ラクレ)を本棚に登録しているひと

ツイートする