講孟余話 ほか (中公クラシックス)

  • 中央公論新社
3.56
  • (3)
  • (1)
  • (4)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 76
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (475ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121600257

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 松蔭の国に対する熱き思いを鑑みることができた。

  • 解説により内容の理解には差があるが、様々な文書を通して吉田松陰という方が何を考え、苦悶してきたかを生きた言葉で知ることができる本。
    断片的な言葉だけでは、本意を理解することは難しい。
    文章の流れから吉田松陰の心を感じ取るには良い本。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

思想家、教育者

「2014年 『[新釈]講孟余話 吉田松陰、かく語りき』 で使われていた紹介文から引用しています。」

吉田松陰の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
J・モーティマー...
デールカーネギ...
ヴィクトール・E...
ジャレド・ダイア...
ジェームス W....
有効な右矢印 無効な右矢印

講孟余話 ほか (中公クラシックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×