生物の世界―ほか (中公クラシックス J 8)

著者 :
  • 中央公論新社
3.36
  • (2)
  • (0)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 61
感想 : 1
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (325ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121600325

作品紹介・あらすじ

生命の全体を決定していくのは生物の個ではなく、種である。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 種個体、種社会、種全体。即が随所に見られ、西田哲学を想起させてくれる。分けるのでなく、合一的な思考。フィールドに生きた人。とても生き方が好きになりました。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1902-92年。
1926年 京都帝国大学農学部卒
1932年 同理学部大学院修了。
京都大学教授、岡山大学教授、岐阜大学長を歴任。
1979年 文化勲章受章。
『今西錦司全集』(全10巻、講談社)がある。

「2002年 『今西錦司フィールドノート』 で使われていた紹介文から引用しています。」

今西錦司の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×