法華義疏(抄)・十七条憲法 (中公クラシックス)

著者 :
制作 : 瀧藤 尊教  田村 晃祐  早島 鏡正 
  • 中央公論新社
3.80
  • (2)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :12
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (187ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121600967

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 『法華義疏(抄)』は、『法華経』を鋭く解釈したというよりは、一文一文に真面目に注釈を入れた、という印象のもの。『十七条憲法』は、仏教思想の影響が強調されがちだが、全体的には儒教思想にもとづいたものという印象が強い。『上宮聖徳法王帝説』は、聖徳太子に関する様々な逸話の元ネタ集といった感じ。全体を通して、現代語訳はとても読みやすい。

  • 読んでいる本の流れで、少しづつ読むことに。
    む、難しい(T^T)
    永遠の生命からはじまるのですが、
    仏教用語がとても多いので、
    もう少し著者の言いたかったことを
    わかりやすく読ませてほしいと思います。
    未熟な私には、どこまでが経の内容で、
    どこからが著者の言葉なのかもわかりにくかったです。
    今度は、抄ではなくて全文現代語訳の本を
    読もうと思います。

  • わかりやすい、ような気もするけどわかりにくい…?
    憲法についてはわかりやすく書いてて、宗教的な部分がさっぱりわからなかった

全3件中 1 - 3件を表示

聖徳太子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

法華義疏(抄)・十七条憲法 (中公クラシックス)はこんな本です

法華義疏(抄)・十七条憲法 (中公クラシックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする