J-46 人間にとって科学とはなにか (中公クラシックス)

  • 中央公論新社
4.07
  • (7)
  • (3)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 119
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784121601308

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • サイエンス

  • 図書館で借りて、実はまだパラパラとしか読んでないけどこの本が私に必要すぎて今度買うことにした。
    梅棹せんせいの言う通り、情報の蓄積がある意味では科学の楽しみを奪っているというのは感覚的にはその通りだと思うけど、だからこそもっと時間をかけて私が色々考えたい。

  • 【配置場所】特集コーナー【請求記号】 404||Y
    【資料ID】91120058

  • 多くの示唆にシビれる1冊。50年前に草食男子を予見していたり、パラダイムの概念を暗示するような発言があったり。
    科学を相対化して考えるのにもってこい。

  •  科学的探求の根本原理は、真理の探求であって、究極的にはその無目的生、価値不在にいきつく。科学の成果は発見され、しかるのちに、目的と価値が人間によって与えられることになる。ハーバーマス的な言説でいうと、生活世界とシステムが分離していくように、科学もあるとき人間の手から離れるような瞬間がある。思惑とは別に、それ自体が生命を持っているかのように自己増殖していく。人間にとって、科学とはなんであったのか。どうあるのか。将来においてどうあるべきなのか。今一度問い直す必要があることは間違いない。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

1907年東京生まれ。京都帝大理学部物理学科卒業。39年、京都帝大教授となり翌年、学士院恩賜賞を受賞。43年文化勲章を受章。東京帝大教授も兼任。35年に「中間子理論」を発表した業績により49年、日本人初のノーベル物理学賞を受賞。様々な分野で多大な業績を残す。81年没。

「2017年 『創造的人間』 で使われていた紹介文から引用しています。」

湯川秀樹の作品

J-46 人間にとって科学とはなにか (中公クラシックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする