世界の歴史 (6) 宋と元 (中公文庫)

著者 :
  • 中央公論新社
3.67
  • (0)
  • (4)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 47
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (499ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122001794

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • [評価]
    ★★★★☆ 星4つ−

    [感想]
    少し前に明清の歴史に関する本を読んだけど、そこで語られた異民族による中国支配の萌芽が見て取れる内容だった。
    特に中華地域と中華外地域で皇帝が支配方法を使い分けているのは後の清が同じことを行い支配していたことを考えると一般的な方法だったのだと感じた。
    しかし、中国の凄いと感じるところは異民族に何度支配されようとも支配には官僚の存在が絶対に必要となり、最終的には中華化してしまうことだな。
    また、中国が周辺社会に与える影響というのは大きいのだと改めて感じた。

  • (1993.08.07読了)(1993.07.01購入)
    *解説目録より*
    唐滅亡後四百年の東アジアは、貴族社会から市民社会に移ろうとしていた。宋は伝統的な中国に市民文化を生み、モンゴル民族の元には西方人が活躍する。

    ☆世界の歴史・中央公論社(既読)
    「世界の歴史(1) 古代文明の発見」貝塚茂樹著、中公文庫、1974.11.10
    「世界の歴史(2) ギリシアとローマ」村川堅太郎著、中公文庫、1974.11.10
    「世界の歴史(3) 中世ヨーロッパ」堀米庸三著、中公文庫、1974.12.10
    「世界の歴史(4) 唐とインド」塚本善隆著、中公文庫、1974.12.10
    「世界の歴史(5) 西域とイスラム」岩村忍著、中公文庫、1975.01.10
    「世界の歴史(7) 近代への序曲」松田智雄著、中公文庫、1975.02.10

  • 水滸伝の歴史的背景を知りたくて、宋と元について述べたこの本を読んでみた。人間の歴史は、権力闘争と殺し合いの歴史だと再認識する。大きな歴史の流れの中でみてみると、水滸伝では実に大きな存在である蔡京や童貫が、とても小さな遠景としてみえる。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

一九〇一(明治三十四)年、長野県飯山市に生まれる。松本高校を経て、二五(大正十四)年、京都大学文学部史学科東洋史学専攻卒業。六高教授、三高教授、京都大学文学部教授を歴任。六五(昭和四十)年、停年退官。京都大学名誉教授。文学博士。専門は中国の社会・経済・制度史。八九(平成元)年、文化功労者。九五年死去。主な著書に、『科挙』、『アジア史概説』、『雍正帝』、『東洋的近世』、『九品官人法の研究』、『隋の煬帝』、『論語の新研究』、『中国史』上下、『中国古代史論』、『遊心譜』、『史記列伝抄』など。『宮崎市定全集』(全二十四巻別巻一)がある。

「2018年 『大唐帝国 中国の中世』 で使われていた紹介文から引用しています。」

宮崎市定の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ウィリアム シェ...
ヘミングウェイ
フランツ・カフカ
宮部みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×