どくろ杯 (中公文庫 A 81)

著者 :
  • 中央公論新社
3.25
  • (1)
  • (1)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 34
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122003286

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 詩人金子光晴の自伝的旅小説。昭和3年から計7年間上海、東南アジア、ヨーロッパへと放浪する回想録の前編。旅の小説といえど、どんどん風景が変わっていくかと思えば、そうではなく旅をはじめると決めてから、東京、名古屋、京都、長崎、大阪での金の工面、妻三千代との関係の危機もあり逗留がながく、なかなか腰が上がらない。上海にいってからも今で言う沈没の状態に近く、けわしい生活の連続。携帯のないこの時代では別れは永遠の別れだったりする。日本での生活にどんづまった著者が人生の賭けとしてはじめた旅は人間の生なましさをみる旅となった。人間のしぶとさがいっしゅん垣間見え、しかし万事がうまくいくとはかぎらなかったりする、自伝ならではの現実味がただよう本だと思う。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

一八九五(明治二八)年愛知県生まれ。詩人。早大、東京美術学校、慶大中退。一九一九(大正八)年第一詩集『赤土の家』刊行後渡欧し、ボードレール、ヴェルハーレンに親しむ。二三年詩集『こがね蟲』で詩壇に認められる。二八年作家である妻・森三千代と東南アジア、ヨーロッパ放浪の旅に出発(三二年帰国)。三五年詩「鮫」を発表以来、多くの抵抗詩を書く。詩集に『落下傘』『蛾』『女たちへのエレジー』『人間の悲劇』『IL』、小説『風流尸解記』、自伝『どくろ杯』『ねむれ巴里』『西ひがし』などのほか、『金子光晴全集』(全十五巻)がある。一九七五(昭和五〇)年没。

「2021年 『金子光晴を旅する』 で使われていた紹介文から引用しています。」

金子光晴の作品

ツイートする
×