中世の秋 (下巻) (中公文庫)

著者 :
制作 : 堀越 孝一 
  • 中央公論新社
3.62
  • (8)
  • (3)
  • (17)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 139
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (383ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122003828

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ○悪しき世であった。憎しみと暴力の火は高く燃え、不正は強く、悪魔の黒い翼が暗い地上をおおっていた。遠からぬ日に、この世の終わりが人類を待ち構えていた。だが、人類は行いを改めなかった。教会は戦った。説教師、詩人は訴え、警告した。だが、むだであった。
    ○指輪、ヴェール、さまざまな宝石、恋の贈りもの、それぞれが特殊なはたらきをもっていた。
    ○ひとは、このフィクションにそって、羊飼いの世界に逃げ込もうとした、現実のことではないにせよ、せめては夢の中ででも。
    ○民衆の想像力じたいが、もはや聖者たちを、いわばかまわなくなったのである。民衆の想像力は、もはや境界芸術の枠には、はまらなくなったのだ。
    ○ドニ・ㇽ・シャルトル―、つまり、シャルトル―ズ派のドニ、かれは、偉大な先人たちが考えてきたことすべてを、優しくかみ砕き、わかりやすい言葉の流れのうちに、丹念に繰り返している。集め、まとめはするが、新たに創造はしない。
    かれは、全著作を自ら書き、読みなおし、訂正し、章節に分け、挿絵を飾った。その営々たる作業の果てに、ついに生涯の終わりを迎えたとき、かれは、熟慮の末、静かにペンをおいたのである。「わたしは、安全な沈黙の港にはいろうと思う」。
    かれは、休むことを知らない。毎日、詩編全編を朗誦したという。せめて半分はよまなければ、そうかれは言っていた。なにかしているとき、たとえば着物を着たり脱いだりするときにも、かれは、お祈りの文句を口にしていたという。朝のおつとめをすますと、みんなまた寝に行くのだが、かれだけはそのまま起きているのである。
    かれのからだつきは、大きくたくましく、やってやれないこととてなかったという。わたしは、鉄の頭と銅の胃袋をもっている、そうかれはいっている。かれは、いやがりもせず、むしろ好んで、腐った食物、うじのわいたバターとか、かたつむりに食いあらされたさくらんぼとかを食べるのであった。この種の毒虫は、死ぬほどの毒なんかもっていない、安心して食べられる、そうかれはいっている。からすぎるにしんは、腐るまで吊るしておくのだった。かれにいわせれば、食べるには、からいものよりも、臭い匂いのするもののほうが好きだ。
    かれの神学上の省察と著述とは、静かで単調な学者の生活の産物ではなかった。超自然に接してのはげしい感動に敏感に反応する精神の、たえざるふるえのうちに、その思考作業をおしすすめたのである。

  • カバーから:歴史家ホイジンガが、中世から近代にかけての思考と感受性の構造を、絶望と歓喜、残虐と敬虔との対極的な激情として捉え、中世文化の全像を精細にえがきあげた『中世の秋』は、歴史の感動に身をおく楽しみを教える。

  • 5/27 読了。

  • 中世の人びとは、敬虔と卑俗の2つの人生観に引き裂かれながら、受け入れがたい矛盾の中で生きていた。
    彼らは恐怖を表現することはできたが、喜びを表すための言葉を持たなかった。
    彼らの時代に飽き飽きした中世人は、古代に理想の姿を求めた。
    けれど中世の精神は深く根を張っていて、古代を模倣する努力の大部分は、中世に古代風の飾り付けをすることに終始した。
    新しい時代、新しい精神は、時たま感じられることがあっても、まだ遠かった。

    ドニ・ル・シャルトルー
    『キリストのまねび』トマス・ア・ケンピス
    ヴィヨン コキャール アンリ・ボード シャルル・ドルレアン

  • 未読

全4件中 1 - 4件を表示

ホイジンガの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ウンベルト エー...
シェイクスピア
ドストエフスキー
マルクスアウレー...
ウィリアム シェ...
有効な右矢印 無効な右矢印

中世の秋 (下巻) (中公文庫)を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 1
ツイートする