タイの僧院にて (中公文庫 あ 5-1)

著者 :
  • 中央公論新社
3.50
  • (2)
  • (1)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 28
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (344ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122006096

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 著者がタイで出家してみる話.
    タイでは男子は一生に一度は出家するのが慣例.時期は特に決まっていないが、身内の誰かが亡くなったときなどに一時的に出家することが多い.
    僧院での生活が著者の体験を通して語られる.タイという社会で仏教がどういう意味をもつのか、人の生活にどう影響しているのか.急激に変化しつつあるタイ社会であるが、根本に流れる思想は仏教に基づいていると思う.

  • 在タイ中に読めば物の見方が変わったろう。当時、お坊さんは胡散臭く見ていたのだが

  • とても興味深いタイのテーラワーダ仏教の僧のお話。占いはブッダは否定してたのになあ。自炊で読んだ最初の本。

  • 未読

  • 日本人の文化人類学者青木氏が、得度してバンコクの名門寺院で修行した日々のことを書いた体験記。タイ仏教の日常を中から見た珍しい本です。

全6件中 1 - 6件を表示

タイの僧院にて (中公文庫 あ 5-1)のその他の作品

タイの僧院にての詳細を見る 単行本 タイの僧院にて 青木保

青木保の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
沢木 耕太郎
三浦 しをん
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする