父・萩原朔太郎 (中公文庫 A 109-2)

著者 :
  • 中央公論新社
4.11
  • (4)
  • (2)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :34
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (265ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122006188

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 娘の視点からみた萩原朔太郎。
    一般的にみて良い父ではないのだろうけど、葉子さんは朔太郎のことが好きだったのだろうなと文から伝わってきた。
    気が弱くて相手に強く言えなかったり、文句を言われても反論せずずっと黙って聞いていたりという面もありながら、嘘をつかれたりごまかされたりした時にははっきり叱るなどの面もありいろんな朔太郎が知れてよかった。
    ただ、葉子さんの育ってきた環境については読んでて辛かった…。

    文章自体も、風景の描写や寂しいような爽やかなような雰囲気などが好きです。

  • 新書文庫

  • 詩人の素顔

全3件中 1 - 3件を表示

父・萩原朔太郎 (中公文庫 A 109-2)のその他の作品

父・萩原朔太郎の詳細を見る 単行本 父・萩原朔太郎 萩原葉子
父・萩原朔太郎の詳細を見る 単行本(ソフトカバー) 父・萩原朔太郎 萩原葉子

萩原葉子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

父・萩原朔太郎 (中公文庫 A 109-2)はこんな本です

ツイートする