相楽総三とその同志 上 (中公文庫 A 27-6)

著者 :
  • 中央公論新社
3.22
  • (0)
  • (2)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :15
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (290ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122008014

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 先人の血と汗を、そして夢を無駄にしないためにも、現代人が読んでおくべき書である。

  • 相楽総三が闇から闇に葬られたことに無念とした実の孫である木村亀太郎は意を決しなみなみならぬ真相を究明する「泣血記」は読者をこの小説の異様ならざる心意気へいざないます。
    2章を読書中。

  • 864夜

全3件中 1 - 3件を表示

長谷川伸の作品

相楽総三とその同志 上 (中公文庫 A 27-6)はこんな本です

ツイートする