東京裁判 下 (中公文庫 M 6-4)

著者 :
  • 中央公論新社
3.80
  • (2)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 20
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (251ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122009783

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 哀愁の中にもユーモアがある、各A 級戦犯たちの人間性の描写が面白い。広田元首相の「マンザイ」に託した思いは何だったのか興味深い。

  • 下巻は昭和22年正月の検事側立証の終了から、弁護側の反論、結審、判決、昭和23年12月23日の死刑執行までを描く。判決が近づくにしたがって被告の間に広がってゆく亀裂、自殺防止を理由に過酷になってゆく被告たちの待遇、天皇不起訴という前提の下、東条英機の「平和愛好者である裕仁天皇が開戦の進言にしぶしぶ同意した」という陳述、「健康で黙々と死についていった」と家族に言い残した広田弘毅が特に印象に残った。優れたドキュメンタリーであると同時に、東京裁判を描くことで戦争の愚かさが十分伝わってくる。日本人必読の本だと思う。

全2件中 1 - 2件を表示

東京裁判 下 (中公文庫 M 6-4)のその他の作品

児島襄の作品

ツイートする