細雪 (中公文庫)

著者 :
  • 中央公論新社
3.95
  • (130)
  • (62)
  • (134)
  • (3)
  • (2)
本棚登録 : 1005
レビュー : 108
  • Amazon.co.jp ・本 (936ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122009912

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 美しい日本の代表とされる谷崎の代表作。大阪を舞台にした四姉妹の物語です。関西に憧れて移り住んだ谷崎なので、関西弁がちょっと不自然な部分があるのですが、時代の差かなあ?と思わなくもない。日本語としてはとても洗練されてます。

  • 雪子か妙子か選べ、と言われたら、妙子。上・中・下を無理やり一冊にまとめた中公文庫に感謝。

  • あーーーー面倒くさい!という本。大正から昭和にかけての日本って好きなんですが女の人のドロドロって苦手かも。みんなねちっこいんですよね。

  • 豪華!絢爛!!美人姉妹!!!
    昔の大阪弁てこんなやってんなぁ、と思う。
    映画は小米朝がナイスだった。

  • 日本文学の美しさを表現されている。
    ただ、やりとりの描写だけでも美しいのに
    後半はちゃんと物語的にも面白い。

  • 季節の移り変わりだの、姉妹のとまらないおしゃべりだの、うつくしいこまものだのを描き、贅を尽くしたこの小説が戦時中に書かれたことに大層胸を打たれます。物がなんにもなくっても頭の中は自由です。

  • これ、どこがおもしろいの?という人も、おそらく何割かはいると思います。でも淡々と四姉妹の周辺を追っているようで、谷崎好みなエログロも微妙に織り込まれています。優雅な日常とのバランスが絶妙。ちなみに、私の卒論のテーマ。ええ、卒論に「スカトロジー」の文言が入っちゃってる人は、そうそういないでしょうよ。どーでもいいですが、卒論の評価は100点満点中70点ぐらいだった記憶。

  • 昭和初期における若草物語関西版。三女雪子の負け犬物語とも言える。四姉妹をめぐるエピソードが綿々と続くが古き良き関西の文化・風俗が随所にちりばめられてあたりは興味深い。しかしこの結末…皮肉とはわかっていても、散々読ませといてこの仕打ちはあんまりな気がする。

  • 僕にとっては、自発的に買った最初の「純文学」です。気長に、じっくり読むのにピッタリ。読み終わってから関西弁を猛烈に使いたくなりました。

  • 三女・雪子が苦手です。でも寂しい人だと思う。

全108件中 91 - 100件を表示

著者プロフィール

明治十九年(一八八六)、東京日本橋に生まれる。旧制府立一中、第一高等学校を経て東京帝国大学国文科に入学するも、のち中退。明治四十三年、小山内薫らと第二次「新思潮」を創刊、「刺青」「麒麟」などを発表。「三田文学」誌上で永井荷風に激賞され、文壇的地位を確立した。『痴人の愛』『卍(まんじ)』『春琴抄』『細雪』『少将滋幹の母』『鍵』など、豊麗な官能美と陰翳ある古典美の世界を展開して常に文壇の最高峰を歩みつづけ、昭和四十年(一九六五)七月没。この間、『細雪』により毎日出版文化賞及び朝日文化賞を、『瘋癲老人日記』で毎日芸術大賞を、また昭和二十四年には、第八回文化勲章を受けた。昭和三十九年、日本人としてはじめて全米芸術院・米国文学芸術アカデミー名誉会員に選ばれた。

「2018年 『父より娘へ 谷崎潤一郎書簡集』 で使われていた紹介文から引用しています。」

細雪 (中公文庫)のその他の作品

細雪 単行本 細雪 谷崎潤一郎
細雪 全 Kindle版 細雪 全 谷崎潤一郎
細雪(上中下) 合本版 Kindle版 細雪(上中下) 合本版 谷崎潤一郎

谷崎潤一郎の作品

ツイートする