細雪 (中公文庫)

著者 :
  • 中央公論新社
3.95
  • (130)
  • (62)
  • (134)
  • (3)
  • (2)
本棚登録 : 1006
レビュー : 108
  • Amazon.co.jp ・本 (936ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122009912

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ある夏は安部公房、またある夏は坂口安吾。
    今年の夏は谷崎潤一郎でした。

    日本版若草物語!
    順番的に、私はジョーで、幸子です。

    それはさておき・・・

    昭和に生きる上方中流階級の華やかな4姉妹。

    サガンもそうだけれど、中流階級の話がなぜか好きな私。

    戦争、という大きな波に翻弄されながら
    (途中の大洪水も、市民の力ではどうにも出来ない『戦争』を仄めかしていると推測)生きる家族と谷崎自身が描かれています。

    すごく面白かった!

    検閲が厳しかった時代を経て
    いまこうして多くの人々に読まれるこの作品に出会えてよかったと思います。

  • 読んどいて良かった。

  • 有名な谷崎潤一郎の名作。

    大阪船場の旧家・薪岡家の美人四姉妹の話。
    名前は上から鶴子、幸子、雪子、妙子。
    三十路を過ぎても縁談のまとまらない雪子の見合いを軸に、
    季節の移り変わりと行事などが幸子の目線で書かれています。

    鶴子は長女だけあって人情に厚い部分もあるしっかり者。
    旧家出身で世間に若干疎い部分もありつつ
    多くの子供を抱えるお母さんだけあって結構きついくらいだらしないことに反応もする性格。
    物語途中で東京に引っ越してしまうので影が薄くなるものの
    なんだかじーっとどっしり背後で存在感出してます。

    幸子は下の妹にちょっと甘い部分もあったりする次女らしい次女。
    甘いとか言いつつ若干自分の思い通りにならないことにイラっとしたり、
    そのくせあっさりそれを流したり自分が可愛い気分屋の一面も。
    こういう性格なので幸子視点の細雪は
    幸子と一緒になって驚いたり感動したり怒ったりつい共感してしまいました。

    雪子は・・・なんか面倒臭いお嬢様。
    ほっそりしたかよわい外見と控えめで内気な性格で
    「見合い相手なんて誰でもいいわ」とかいう感じでいるくせに、
    結構これは嫌だのあそこが駄目だの土壇場で厄介だったりするのがこの三女。
    でも普段は幸子の娘の悦子を構ってやって細やかに世話をするし、
    いざ病人が発生すると看護婦よりよく尽くしたり女性らしいといえば女性らしい。
    でも私は嫌いです。むきーってなる(笑)

    で、末っ子の妙子。もうこれでもかというくらい末っ子気質の女性。
    自分で稼ぐ手段を見つけたと言ってはアパート借りて暮らし始めるわ、
    自由恋愛だと言っては姉達に内緒でそこらへんの坊と付き合ったりするわ、
    着物より洋服が好きだと言ってあれこれハイカラなものを蒐集するわ奔放な性格。
    嵐の様にあれこれ起こしてくる性質で
    この話の中の事件の半分以上は妙子関係だと言っても問題ないくらい。
    でも末っ子らしく人との付き合いがしたたかで憎めないんですよね。
    彼女が最後にああいうとこに落ち着いたのはなんか納得。

    こんな四姉妹。
    ざっくりまとめると
    「グチグチ思いつつ問題を引き受けてしまう天然の苦労性の幸子が
    いいと言いつつなんだかんだゴネる雪子の縁談を一生懸命なんとかしようとするけど
    長女の鶴子に肝心なとこは抑えられててそちらとの苦労が堪えない上、
    台風のような妙子の奔放っぷりに振り回される」っていう話。

    ただ、こんな生々しい感じの一方で、桜に白木蓮などの季節の花と共に
    時節移り変わりが本当に美麗に描かれていてうっとりさせられる雰囲気も特徴。
    舞踊や雛祭り、花見などの日本文化の描写も綺麗。
    頁数は900ページ以上と少し長編ですがとても読みやすかったです。

  • 4人姉妹それぞれの心の動きが楽しみ。
    本家を取りまとめる鶴子、妹2人の面倒を見て何かと気苦労の多い幸子、おっとりしつつも芯の強い雪子、活発で恋多きトラブルメーカーの妙子。
    最後は良縁に恵まれるが何となく寂しい心持で婚約者と住むために東京に行く列車に乗る雪子と、やっと愛する人に恵まれたが子供を流産し、ひっそりと実家を出て行く妙子の描写で終わる。
    人生はままならぬもの、幸せでもあり、不幸でもある、それでも人生は続いて行くというような、無常が漂う感じがする。
    着物や服装、観光地の描写も楽しみ。

  • 背表紙の色がとてもステキな紅色です。

  • 男の人の前で何もいえなくなる雪子にいらいらするとわかっていても、結局読み返してしまう一冊。蛍狩の描写の美しさには、心が震えます。
    貞之助はできた夫ですねえ。

  • 妙子おおおおおおおおおお

  • かなりミクロ。
    心理描写の細やかさみたいなを丹念に追うことの好き嫌いがそのまま評価になる(かもしれない)。
    没落しつつある家庭の世間と隔絶されたまったり感は素敵。
    とりあえず4姉妹で誰が一番好きか考えるのは基本。

  • すんっごく京都に行きたくなる。

  • 上方言葉が美しい。なんでこんなに面白いのか不思議。

全108件中 61 - 70件を表示

著者プロフィール

明治十九年(一八八六)、東京日本橋に生まれる。旧制府立一中、第一高等学校を経て東京帝国大学国文科に入学するも、のち中退。明治四十三年、小山内薫らと第二次「新思潮」を創刊、「刺青」「麒麟」などを発表。「三田文学」誌上で永井荷風に激賞され、文壇的地位を確立した。『痴人の愛』『卍(まんじ)』『春琴抄』『細雪』『少将滋幹の母』『鍵』など、豊麗な官能美と陰翳ある古典美の世界を展開して常に文壇の最高峰を歩みつづけ、昭和四十年(一九六五)七月没。この間、『細雪』により毎日出版文化賞及び朝日文化賞を、『瘋癲老人日記』で毎日芸術大賞を、また昭和二十四年には、第八回文化勲章を受けた。昭和三十九年、日本人としてはじめて全米芸術院・米国文学芸術アカデミー名誉会員に選ばれた。

「2018年 『父より娘へ 谷崎潤一郎書簡集』 で使われていた紹介文から引用しています。」

細雪 (中公文庫)のその他の作品

細雪 単行本 細雪 谷崎潤一郎
細雪 全 Kindle版 細雪 全 谷崎潤一郎
細雪(上中下) 合本版 Kindle版 細雪(上中下) 合本版 谷崎潤一郎

谷崎潤一郎の作品

ツイートする