三陸海岸大津波 (中公文庫)

著者 :
  • 中央公論新社
3.47
  • (4)
  • (3)
  • (7)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 31
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122011496

作品紹介・あらすじ

『海の壁』 (昭和45年刊) の改題

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • (1989.03.22読了)(1984.08.21購入)
    (「BOOK」データベースより)amazon
    明治29年、昭和8年、そして昭和35年。青森・岩手・宮城の三県にわたる三陸沿岸は三たび大津波に襲われ、人々に悲劇をもたらした。大津波はどのようにやってきたか、生死を分けたのは何だったのか―前兆、被害、救援の様子を体験者の貴重な証言をもとに再現した震撼の書。

  • 吉村昭らしい本だと思う。東日本大震災のことがあるのでどうしても津波そのものに目が言ってしまうが…

  • 資料番号:011358280
    請求記号:452.5/ヨ

    『仙台市荒浜地区の図書館員による、あのとき役に立った本』
    ※今回、ゆうき図書館3月のイベント棚では、仙台市荒浜区で被災した図書館員の方に、ご協力頂いています。

  • 高台に逃げるしかない。平成23年の大津波でも実にシンプルにこれでしか対抗できなかった。無力さと共に歴史は繰り返されることを痛感させられた。

  • 明治、昭和、チリ地震、それぞれの津波のことがわかりました。明治まで「ヨダ」って言ったんですね津波のことを。それにしても、いつの時代も悲惨ですね。

  • 明治29年の明治三陸地震、昭和8年の昭和三陸地震、昭和35年のチリ地震津波を取材

  • この度の東北大震災の翌日に手にとりました。

    明治29年、昭和8年、そしてチリ地震津波。
    過去の三大津波の経験をもってしても、この度の津波被害は想像をはるかに超えるものとなってしまった。
    今回は、そこへ原発事故の恐怖までもがのしかかってきている。

    見えない相手との闘いは、この先もずっと続くのだろうかと思うと…

  • 三陸沿岸をおそった,明治三陸津波(1896),昭和三陸津波(1933),チリ地震津波(1960)の惨状を体験者の証言を元に再現.

全8件中 1 - 8件を表示

三陸海岸大津波 (中公文庫)のその他の作品

吉村昭の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする