青春物語 (中公文庫)

著者 :
  • 中央公論社
3.50
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 10
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (219ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784122011526

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 建築家・岡田信一郎夫人となった芸妓・萬龍の人物像を知りたくて手に取った一冊。
    最初の夫・恒川陽一郎との結婚までのエピソードはほんの少ししか綴られていないけれど、恒川邸の隣に岡本一平・かの子夫妻が暮らしていたとか、萬龍・恒川夫妻のことを新聞記事にしたのは岡本である(後に勘違いであると判明する)とか、谷崎を囲む人間関係の様子がありありと綴られていて面白い。

    新思潮創刊など近代文学史の出来事の記述も躍動的で興味深いけれど、個人的には明治末期の京都や大阪の都市の様子に関する記述に非常に惹かれた。
    文中に出てくる「三条御幸町の大毎の支局」は現在1928ビルがその歴史を継承しているし、菊水と瓢亭は現在も営業中であることを考えると、京都という土地の凄みを感じる。

    個人的な回想録を通して色んな側面から当時の風景や肖像を窺えるので、読んでいてなかなか楽しかった。

全1件中 1 - 1件を表示

谷崎潤一郎の作品

青春物語 (中公文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする